混沌と秩序

JUGEMテーマ:株・投資


株は値下がりのリスクがあるので素人はやってはいけない。

そう先生に教えられたのにまだ随分と頑張っておられる皆さんに蘇る株の崩壊記憶。

1年前に13000円やら18000円やら結構頑張っていたのに、
その後のリーマンショックやら何やらで100年に一度のものすごい崩壊の動きが記憶に残っているから
ついついせっかく買った株を売りたくなる。

もう2度とあの崩壊は起きないと信じていても
頭の片隅にはまた起きるのではとの不安感がよぎってしまうので
せっかく損を取り戻そうとして持ち続けてきた株式を手放す投資家も多い。

これからの景気回復の足取りがどうなるかの不安に加え、
日本の場合は政治の混乱もあり依然として混沌としている状況が見られます。

NYダウの高値更新がせめて
日経平均の10000円台乗せを実現させてくれる原動力になるのでは
と思われても市場の判断は至ってクール。

混沌とした株式市場の状況はいつになったら秩序を取り戻すのか、
それは唯一、あっと驚くような技術革新によって決まるに違いない。
それがいつやって来るのか待ち遠しいが
それまでに借金漬けとなった日本国が
太平洋という大海原に沈まないことを祈るばかり。

  ****  ****  ****  ****

「株式市場に投じたあのお金はどこに消えたんだ?
 消えたお金は一体どこに行ってしまったんだ?」

「いや心配しないで下さい。あのお金はきっとどこかで誰かに大事に
 使ってもらっていますよ。
 そしてきっとあなたのところに戻ってきますからね・・・。」

と勇気づけてくれるアドバイザーが身近にいてくれた個人投資家は
3月のボトムを乗り越えてここまでの運用成果を楽しんでこられた筈。

でも多くの個人投資家は手数料の安いネット取引に身を委ね
一人もくもくとPCの画面に向かう日々。

昔は証券会社で損したら当たり散らすことのできた
心温かき良き証券マンがオンライン証券の普及でいなくなり
個人投資家は誰に文句をつけて良いのか、
はけ口がない。

選挙に投票して株が上がるなどと思ったのは
昔の自民党が敗北しないようにしようと盛り上がった時だけ。

労働者とお年寄りを味方にして逆転劇を演じようとたくらむ
民主党の勝利が確信的に語られる中で
株式投資に明日はないよと言い切る方はいないのが不思議ですが、
これも時代の変化と言うべきか・・。

株の崩壊は経済の崩壊に等しい。
儲かっている企業と儲からない企業。

格差社会は何も個人の世界だけではなく
企業社会にも押し寄せています。

労働者は企業経営に無関心ではいられない。

無能な経営者の下で働くなど
自分の手で自分の首をしめるのと同じじゃないか。

それじゃ頑張って自分で事業を起こすことにしようとしても
経営資源のない企業がやっていくのはむちゃくちゃ大変。

株でも売買している方が楽だと取り組むのであれば
混沌とした現状の株式市場は忍の一字。

耐え忍んで来るべき技術革新時代の到来を待つことにしよう。
それまでは勉強、勉強。研究、研究。

今なら情報はインターネットで取り放題。
創意工夫で混沌とした相場を乗り越えていこう。

株の崩壊はむしろチャンス。
混沌とした時代に前向きに考えた方こそ次のステージでの勝利者。

今年の東京はとっくの昔に梅雨明けしたけど
何となくじめじめとしていていつもの夏とはちょっと違っていますが
いよいよ暑さは本番を迎えようとしています。

暑い中ですが、投資家の皆さんもここは熱くならずに、
ガムでも噛みながらクールな目でミントいかん。

(花菖蒲)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

株の達観

JUGEMテーマ:株・投資


株というのは不思議なもの。
上がったり下がったりする。

上がる前に買っていたら嬉しいし、
買おうと思って買えずに上がってしまったら悔しい思いをする。
自分が買ってない株の方が良く上がるので
自分には才能がないと思い込んでしまう。

持っていない株が下がれば、ざまー見ろとつい思ってしまう。

持っている株が下がったらまあいいやとつい甘やかしてしまう。

ほれ込んで買った株ほど上がらないと後から文句ばかりが出てしまう。
上がるとしびれを切らしてすぐに売ってしまうから
そこから更にどんどん上がって悔しい思いをする。

20%以上も上がったことなどここ最近ひとつもない。

なぜならそこまで上がったら売ってしまうから。

損した投資家は怨念の固まり。
買値から10分の1になっているのにまだ投げないで持っている投資家は
もうあきらめの境地。
既に安値から倍以上に跳ね上がっていてもまだ買値に拘る性の強さ。
あの株この株、皆さんにもきっと思い当たる節があるはず。

株というのは不思議なもの。
いくら損するとわかっていてもやめられない。

今度こその不曉不屈の精神が株式投資に駆り立てる。
こんなぼろ株など上がるはずはないと思っていてもついつい手が出る安物買い。
社会の仕組みが変わらない限り万年ぼろ株に活躍の機会はない。
でも間違ったようにぼろ株が動き出す時がある。
競馬と同様に大穴狙いのファンは多い。

滅多にない上げだけに滅多にない儲けを期待して売り時を逃す。

あとは宴の後のため息だけ。
今度はいつやってくるかわからない逃げ場を待って待ちわびて
あきらめて売った途端に急騰という
物悲しい現実を見せつけられてしまう時がある。
もう株はやめた!!と思ってもまた来る時を待って再挑戦。
終わりのない株式の旅は、人生の終焉とともにやってくる。

元気だからこそ株をやる。
小額マネーでもれっきとした社会貢献。

こんなあんなでつぎ込んだお金は1000万円以上。
どこに消えたか俺の金。
戻って来いよ俺の金。
生きた扉を叩いては大損し、借金背負って疲れ果て。
あの世からのお呼び出しについついふらふらと歩いていたら
そこで出会ったあるまばゆい後光の差す銘柄。

最後の一勝負に心血注ぐ株大好き人間が語るエッセイ「株の達観」、
次回もまたおつきあい下さい。

(花菖蒲)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/cridaibiat
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM