スロプロから見る投資の考え Part2

JUGEMテーマ:株・投資


 読者の皆様、むらまめです。前回のコラムに対して皆様からのあたたかいコメントを頂きとても励みになりました、ありがとうございます。
 今回は、スロプロの裏話を中心に書いていきたいと思います。


■プレイスタイルを一定に保つ

 前回、スロプロの基本的な立ち回り方は、

1)設定の高い台を探す。
2)設定の高い台を長時間打ち続ける。

と書きましたが、もうひとつ付け加えなければならない重要なことがありました。

それは、

3)毎回同じ機種を打つ。

というものです。

 具体的にいいますと、スロットには様々なタイプの機種があります。Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ、それらに更にオートマティック、ストックなど付帯機能がついたものがあるのです。これらの違いによって出玉も大きく変わってきます。

 単純に分けると、私の時代・地域(2003〜2005年 福岡県)では、
ローリスク:ミドルリターン(大花火、シオサイ)
ハイリスク:ハイリターン(アラジン、ミリオンゴッド、北斗の拳)
という機種がありました。

 その中で私は一日という少ないサンプル(回転数)の中でもより理論値に近い出玉をしてくれる、ローリスク:ミドルリターンの台(大花火やシオサイ)だけを打っていました。

 パチンコホールは毎月、毎週のように新台入れ替えを行い、客寄せを行いますが、私は新台には目もくれず、ひたすら自分の喰える機種だけを打つということに徹していました。ギネスに載るほどの空前の大ブームを起こした「北斗の拳」も私のスタイルに合っていませんでしたので、ゲームセンターなどでほんの数回程度しか打ったことがありません。
 スロットを娯楽でやるか仕事でやるか、プロかアマチュアかどうかはこういう違いなのかもしれません。

 これは、投資の世界でも共通していることかもしれません。私は投資の世界ではド素人ですが、長く活躍されているプロの方々は、自分のプレイスタイル、付加価値を何年もかけてじっくりと練り込まれている方が多いと感じます。
 勝負の世界でプレイヤーとして長く生き続けるにはそれ相応の指針、哲学がないと厳しいのかもしれません。私は2年ほどしかスロプロをやっておりませんでしたが、その短期間でもスロプロだけで生き続けた人はほとんどいませんでした。
 勝負の世界は誰も助けてくれません。
 四面楚歌という感じです。厳しいですね。


■パチンコホールの愉快な面々

 余談ですが、スロプロの時の裏話として、私が勝負していたホームで他にどういうスロプロや常連さんがいたのか少しご紹介したいと思います。

【5人組の若手プロ集団】

 25歳くらいの男女織り交ぜたパチプロ集団です。若手はデータを分析して勝負してくるプロが多いです。よく狙い台がバッティングすることがありましたが、基本的には違う機種を対象にしていたので、うまく棲み分けていました。
 集団でパチンコやスロットを打つことを「連れ打ち」といいます。みんなで収支を分け合いスロットを打つことの動機はリスクを分散させたい、結果に安定性を持たせたいというものです。

 例えば、5人で打っていて、2人が5万円負け、残り3人で10万勝ったとすると、収支を均等に分け、全員で1万円ずつ勝ったという結果になります(勝った人が少し多くもらえるインセンティブルールもあるようです)。
 このように運の好不調を分散することができます。また、それぞれが勝負機種を変えることで、いい設定が入っていない機種(シマ)にはまってしまうというリスクを分散できます(設定師は機種(シマ)によって設定のメリハリをつける人がいます)。
 ひとりでずっと勝負をしていると、どうしても運の好不調によって結果がぶれてくることがあります。また、自己規律で制御しきれない勝負熱のようなものを集団のルールで律するということもできるようです。

 ただ、この連れ打ちは全員の好不調がバランスをとれているという前提に従った戦略です。全員が不調になった場合、崩壊します。しかし、長い目で見る、トータルで勝ちを考えるという点においてはプロらしい戦い方だと思います。

 私のホームの連れ打ち集団は、スロットメインですがパチンコを打つ人もいました。基本的な立ち回りは、データを分析し、朝一からあたりをつけ高設定台を発掘し、高い設定が見つけられない人はすぐに切り上げ、いい設定をとれた人のフォローにまわっていました(ひとりで10時間以上台を稼動させるのはつらいものです)。
 私が引退して数年たち、ホームに行くとプロ集団はいなくなっていました。彼らはホームを変えたのか、運が尽きたのかどっちかでしょう。

【常連コミュニティー】

 私の個人的な考えとして、スロプロをしている時は、誰とも仲良くならないほうがいいという考えがあります。この台は○○さんが打っていたから座れない、この台は△△さんが昨日大はまり(全然当たらないこと)していた台だから空けておこうなど、誰かの利害を気にしていたら、勝負にならないからです。そのため、いつも髪はオールバックにし、ぼんたんのような見た目がいかつい作業ズボンをはきスロットを打っておりました。誰も話しかけてこず、自由に勝負ができます。
 しかし、ある時、50代くらいの常連さんと小競り合いになり、軽いけんかをしてしまいました。その結果として、常連さん方々と仲良くなり、ヤクザの方にスカウトされそうになるなどして、そのパチンコホールのコミュニティーに属することになってしまいました。
 引退前なのでよかったのですが、やはり、ほとんど勝てなくなりました。


■攻略法という甘い罠

 裏話の続きとして、うそのような詐欺の話をしたいと思います。ギャンブルや投資は金銭欲がうずまいている世界ですので、それをえさに色々ときな臭い話があるという点は共通していると思います。
 ただ、そのようなうまい話は多少のお金をもらってもわざわざ誰かに教えるメリットがない、誰にも教えずこっそりと自分だけで稼ぐというのが普通の人間がやることですので、ほぼ全てがインチキです。パチンコの世界においても本当の儲け話は歴史的に見て数回程度あるくらいで、そのどれもが裁定機会があっという間に消滅するように、メーカーの対応などにより一瞬でなくなるものです。
 パチンコの世界ではそういう儲け話はよく「攻略法」という形で売られています。その一部をご紹介したいと思います。

【打つ手順を細かく指示する】

 一番基本的な攻略法です。例えば、最初に1枚投入し、レバーを叩く、その後2枚投入し、レバーを叩く、それらを3セット繰り返し、3枚投入し、レバーを叩く、その後、23秒置いて、3枚投入して、レバーを叩く・・・その結果、当たりが抽選されるというようなものです。これは全部インチキです。

 次につい笑ってしまった「攻略法」をご紹介したいと思います。

【パチンコホールのネオンが3回点滅したらレバーを叩け】

 パチンコホールの入り口にあるネオンが3回点滅したら、スロットのレバーを叩け、そうすれば当たりがでるというものです。わざわざホールの外に出てネオンを確かめて全速力で席まで走って、レバーを叩かなければなりません。物理的に不可能です。当たりがでなかったら、タイミングが遅かったのだと思うのかもしれません。

 これらの攻略法は一見馬鹿らしくて騙されるわけがないと思われるでしょうが、騙される方は結構おられます。メモを見ながら、一生懸命に打っている方をよく見ました。一見ありえないというようなことも人間の欲望が飽和した時、ころっと騙されるのでしょう。

 阿佐田哲也さんの小説に玄人(ばいにん)は「怠惰を求めて勤勉にいきつく」という言葉があります。これは、プロの麻雀打ちも最初は簡単に儲けたいという動機で麻雀を打つが、勝ち続けていくために自然と誰よりも勤勉になっていくということを表した言葉です。楽して稼げることはありません。とても納得する言葉です。


 余談が過ぎてしまいました。なぜスロプロから株式投資を始めるようになったのか、実際にウォーレン・バフェットを真似して投資した失敗例など、次回にご紹介させて頂きたいと思います。

(むらまめ)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/piowristoc
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

スロプロから見る投資の考え

JUGEMテーマ:株・投資


 はじめまして、むらまめと申します。山本潤さん主催の手弁当勉強会に生徒として参加させてもらっております。今回は私も読者である「億の近道」にコラムを書かせて頂く機会を頂戴し、とても嬉しく思っております。まだ若造の拙い文章ですが是非お付き合いよろしくお願いいたします。

 私は高校を卒業して大学受験に失敗し、約2年間スロプロをしておりました。スロプロとはスロットを打ち、生計を立てる人間のことを指します。そんなスロプロがどのように投資を考えているか、面白いのではないかと思い、今回書かせて頂きます。


■ギャンブルと投資の違いは?

 みなさんギャンブルと投資の違いは何だと思われますか?過去何回も議論されてきたテーマかもしれません。私はギャンブルと投資の違いは役割の違いだと思います。
 スロットはギャンブルで株式は投資です。ギャンブルは完全に利己的なゲームです。儲けたい、楽しみたいと思い、皆ギャンブルをします。ギャンブルの悪い面は、歯止めが利かなくなり、金銭面でのトラブルを頻繁に起こし、自分や周りの人生を台無しにする人や命を落とす人がいるということです。家族がいるのにスロットで借金を1億つくり、取り立てで散々な目に合われている方もいましたし、パチンコホールのトイレで首をつったというニュースを見たこともありました。
 しかし、ギャンブルにも良い面があります。ギャンブルをすることでストレスを発散し、心の健康を保たれる人もいるということです。ストレスを発散することにより、心を病んで死に向かうのを防ぐ効果もあるかもしれません。スロプロをしていた時、仕事帰りのサラリーマンの背中を見たときには、なぜか勝ってくれ、楽しんで家に帰ってくれとよく思ったものでした。

 株式は投資です。ギャンブルのように投資を行うことも可能ですが、私の尊敬するさわかみファンド代表の澤上篤人さんもいわれるように、投資は資本家としての役割を担うことができます。資本を流し、株を売りたい人にお金を提供し、企業に対してはオーナーとして支えることができます。ギャンブルにはそれらの役割はありません。それが、ギャンブルと投資の違いだと私は思います。

■投機か投資か

 株式市場は自由で様々な価値観が存在していいと思います。デイトレーダーのように投機をするのも、データを検証しシステムを作ってトレードをするのも自由、ファンダメンルズ分析をしてリターンをあげようとするのも、会社のDNAや文化、歴史を調べて、何十年も投資するのも、ビジネスのオーナシップを持とうとするのも自由、色んな価値観が存在していいと思います。
 しかし、ギャンブルでも株式投資でもそうですが、目先の利益にくらんで利己的になりすぎて、広く長く物事を考えられないと失敗することが多いと実感します。勝負の世界で長く生き続けている周りの方々を見ていても、利己的な考えを持つ人は少なく、利他的な考えを持つ方が多いです。
 誰にでも苦しい時は必ずくると思います。そういう時でも利己は信頼を生まず、利他は周りから信頼され、応援されるのだと思います。当たり前かもしれないけど、自分のことばかりしか考えない人には誰も応援しよう、助けようと思えないのが人の性なのではないでしょうか?

 繰り返しですが、株式投資には資本家としての役割を果たさなければいけないという基本原則があるのではないかと考えております。原則に従って行動することが長期にわたって、市場で生き残ることのできる術なのではないかと思います。基本的に経済、企業活動は毎日じっくり積み重ねていくもの、前進していくものだと考えています。人間は元来前進していく生き物で、失敗から教訓を得たり、毎日先輩の仕事を見て学んだり、仕事を学習して生産効率をあげたり、先人から得た知識や技術を生かし、更に工夫を重ねていったりするものだと思います。それが、経済や株式投資に対しての楽観的な見方となり、株式
投資を行う動機となるのだと思います。株式投資においてこのリターンを享受できるということは、為替投資などにはない株式投資の特権ではないでしょうか。

■パチンコホールと株式市場の相違点、類似点

 パチンコホールと株式市場は全く違います。パチンコホールでのリターンは、人為的に決められます。株式市場でのリターンは、数多くの事象によって決められます。その事象の中には人為的なものや環境によるものも含まれると思います。
 ただ、何かにベットするという意味では似ている部分があるかもしれません。また、その勝負を行う際、目先の結果に一喜一憂するのではなく、勝つために自分なりの一貫したフォームを持ち続ける必要があるという点は共通していると思います。その共通している部分を少しみていきたいと思います。

■スロットとはどういうゲーム?

 スロットというのはパチンコホールにあるもので、コインを3枚入れてレバーを叩き、ひたすら当たりが出るのを待つというゲーム機です。
 当たりはレバーを打つたびに機械内部で抽選されます。抽選に当選した場合、当たりの絵柄(777)を揃えることができ、大体決められた出玉を得ることができます。抽選に当選していないのにいくら当たりの絵柄を自力で揃えようとしても、機械内部でリールを制御し、揃わない仕組みになっています。
 当たりの確率は主に6段階あり、より6に近い数字の設定の台が当たりの出る確率が高くなっています。台の設定は設定師(主に店長)という職業の方が設定します。この調節により、その店の出玉を調節し、客つきをコントロールするのです。設定の高い台は当たりの確率が高く、投入したコインよりも多くのコインが出るようになります。すなわち、出玉率が高くなります。

■スロプロの考え方

 スロプロの基本的な立ち回り方は、
1)設定の高い台を探す。
2)設定の高い台を長時間打ち続ける。
というシンプルなものです。
 なぜこういう戦略になるのか例題を元に理論的に説明していきたいと思います。

(例題)設定6の台を10,000回転稼動させた場合の収益は?

(補足)10,000回レバーを叩く場合、30,000枚のコインが必要。

仮に設定6の台は出玉率は130%とする。
出玉率を求める公式は、

【台から払い出された枚数÷台へ入れた枚数=出玉率÷100】

(解答)
この公式に代入すると、
台から払い出された枚数÷台へ入れた枚数30,000(枚)
=130%÷100

台から払い出された枚数=1.30×台へ入れた枚数30,000(枚)
台から払い出された枚数=39,000(枚)

手元に残る枚数は、
台から払い出された枚数39,000−台へ入れた枚数30,000
=9,000(枚)

等価交換*の店の場合9,000(枚)×20(円/枚)
=180,000円の収益となります。

*スロットは1,000円を50枚のコインに換えてゲームします。
 コインを景品などへ交換する場合、50枚を1,000円に換えることを
 等価交換といい、20円/枚。6枚交換だと約16.7円/枚。7枚交換
 だと約14.3円/枚。一般的に交換率が不利になるほど高設定が多くな
 ります。

 私は出玉率は期待値、投入枚数は投資額と考えていました。
プラスの期待値なので、投資額にプラス分を乗じた9,000枚がリターンとなります。

期待値130%−100×投入枚数30,000(枚)=9,000(枚)

つまり、高い期待値の台(1)設定の高い台)により多くの投資額を賭ける
(2)長時間打ち続ける)ということがスロットのゲームのルールとなるのです。

 私の場合はインターネットでデータを取り、前日に分析し、当日設定の高い台を探し、見つけると、ご飯も食べず、極力トイレにも行かずに打ち続けていました。運よく開店から高設定の台を掴んだ場合などは、朝の9時から夜の11時まで、何も食べずに打ち続けたものです。おかげで痔になりました。常に気をつけていたことはトータルで分のいい勝負をするということです。

■株式投資にあてはめると?

 株式投資も同じように考えると、期待収益率の高い時に、多くの金額を投資すればいいというルールになります。
 一般的に、期待収益率は今現在投資家がどれくらいマーケットにリターンを求めているかで決まります。下落相場で株価が下がっている時は、将来の不確実性が大きいと考え、高い期待収益率を求め、上昇相場で株価が上がっている時は、リスクが小さいと考え、低い期待収益率になります。
 つまり、現在のような先を見通すことが難しい期待収益率の大きいタイミングで不確実性というリスクをとることができれば、大きなリターンを得る可能性があるということになります。
 しかし、ただ、不確実性というリスクをとっただけでは、リターンは得られません。マーケットが期待している直近数年間のことはわからなくても、その先の確実性を認識する必要があるのです。
 ウォーレン・バフェットはこの期待収益率をうまく利用することのできる不確実性の中の確実性を見つける能力に秀でた人物だと思います。結局は、確実性を見つけることができるようになる為にバフェットの言うところの「能力の輪を広げること」、地道に産業を勉強し、ビジネスを分析、理解することが必要なようです。

 次回は、スロプロの裏話を交えながら、なぜスロプロから株式投資を始めるようになったのか、実際にウォーレン・バフェットを真似して投資した失敗例などをもとに書いていきたいと思います。

(むらまめ)

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)

このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/piowristoc
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM