【本日応募〆切クイズ!】EPS100円以上の中小型低PER銘柄

a2eebf0d985de1e4a189aca9be50cf7a_s.jpg


 株式投資は実に面白い。

 そう思われて日々、株式投資に取り組まれている多くの皆さんに炎のファンドマネージャーは様々なメッセージをお送りしています。


 既にお知らせしているように、来たる11月3日にまた渋谷で開催予定の炎セミナーで私は過去のセミナーとは異なる面白い株の世界をまた少しお話してみたいと考えています。

 ぜひ今回も皆様のご来場をお待ちしております。


 皆さんの来場を促すためにPRを兼ねて表題のタイトルで本日は皆様にお伝えしたいと思います。
 最後にクイズを掲げておきました。クイズに正解された方から抽選で2名様を参加費無料とさせて頂きますので宜しくお願いします。


1.炎が選んだEPS100円以上の中小型3銘柄

 日経平均は話題になりますが案外、JASDAQやマザーズなどの中小型指数は話題になりにくい。先般、日経平均が高値を抜けた時にメディアは何年ぶりの株価だとか騒いでいましたが、投資家の実感とはかけ離れていたように思います。

 相場環境は相変わらずさほど良くなっていない。それは一握りの銘柄に人気の偏りが見られるためです。米国株の調整で日本株も調整を余儀なくされましたが、1月高値を抜けないまま推移してきた株価指数が今の日本株の実体を示していると言えます。

 多くの個人投資家は手持ちの銘柄がなかなか上がらない現実と短期に動く銘柄への乗り換えの誘惑と揺れ動いているのではないかと思われますが、相変わらず二極化が続く中で少しはポジティブな評価とリターンを上げ得る投資チャンスが潜む中小型低PER銘柄の研究には多くの読者投資家が興味をもって頂けるのではないかと考えています。


 そこで今回は業績が堅調な中小型3銘柄を選定してみましたのでご参照下さい。



1.テノックス(1905・JQ) 時価981円

 2017年11月高値1355円
 2018年 2月安値 921円

 今3月期予想EPS100.4円
 ⇒今期業績上方修正期待あり

 同PER9.8倍

 1Q実績BPS1625円 (期末予想BPS1660円)

 同PBR0.6倍

 1株配当金 30円(配当性向29.9%)
 (中間期15円、期末15円)
 配当利回り3.06%

 浮動株95万株(9.3億円)
 自己株72.3万株(7.1億円)
 発行済み株式数769.4万株

 経常利益9.5億円 
 ⇒上方修正期待あり、中計で15億円見込む、過去のピーク19億円

 時価総額68.4億円(7.2倍)



2.日創プロニティ(3440・Q) 時価1000円

 1月高値1230円
 7月安値 921円

 今8月期予想EPS134.6円

 同PER7.4倍

 実績BPS1234円 (期末予想BPS1338円)

 同PBR0.8倍

 1株配当金 30円(配当性向22.3%)
 (期初予想25円、年1回)
 配当利回り3.0%

 浮動株117万株(11.7億円)
 自己株93.5万株(9.35億円)
 発行済み株式数736万株

 経常利益13.0億円
 ⇒過去のピーク28.4億円

 時価総額64.3億円(4.9倍)



3.協立エアテック(5997・JQ) 時価836円

 年初来高値948円
 同  安値705円

 今12月期予想EPS105円

 同PER7.96倍

 2Q実績BPS1187.8円

 同PBR0.7倍

 1株配当金 20円(配当性向19.0%)
 配当利回り2.39%

 浮動株98万株(8.2億円)
 自己株123.19万株(10.3億円)
 発行済み株式数600万株

 経常利益7.3億円 
 ⇒上方修正期待あり 過去のピーク7.4億円

 時価総額39.9億円(5.47倍)



【炎の株クイズ】


 皆さんもこれら3銘柄を一度吟味してみて下さい。

 さて、この3銘柄のうち炎のファンドマネージャーが最も注目している銘柄はどれでしょうか。また、その理由は何でしょうか。
 以下から選んでください。


[最も注目している銘柄]

 1.テノックス
 2.日創プロニティ
 3.協立エアテック


[注目している理由(複数可)]

 A.割安感
 B.キャッシュリッチ
 C.成長性
 D.経営者
 E.今後のIRへの取り組み
 F.配当利回り
 G.安定性
 H.事業戦略
 I.何となく

 ご回答は以下のURLをクリックし、回答と必要事項をフォームにご入力下さい。

 https://goo.gl/wrNAfg


■編集部注
 10/21日曜日23:59〆切です。
 当選者への連絡をもって発表に替えさせていただきます。


 宜しくお願いします。


 それでは11月3日、会場でまたお目にかかれることを楽しみにしておりま
す。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー開催!

semi20171111honohn.jpg


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は変更することがあります)


■9月開催の炎ファンドマネージャー有料セミナー参加者の声

「初めての参加でしたが、とてもわかりやすく参考になりました」(60代男性)
「モデルポートフォリオは具体的で良かった」(40代男性)
「大変勉強になりました。有料メルマガも検討します」(40代男性)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  
https://goo.gl/18rS3U
magabuy01.gif


2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


JUGEMテーマ:株・投資




■残席わずか 山本潤氏の「中間決算分析セミナー」




 「億の近道」発行元NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事で、リンクスリサーチアナリストの山本潤氏が、中間決算を読み解く分析セミナーを行います。

 有価証券報告書の財務分析セミナーに続く、演習を含んだセミナーです。

 ※残席わずかです。満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【講師 山本潤より】


 3段階DDMモデルなどに代表される株価算定ツールは、投資家が自由に使いこなすことが難しいのが実情です。
 なぜならば、DDMモデルの適用には、業績の予想やリスクとリターンの推定が必要であるからです。
 それらの作業の難易度は高いのが実情です。

 しかしながら、単年度の収益で株価を割るだけのPERを用いていては、本来の企業価値を測ることさえできません。

 そこで、業績予想をしなくても業績が予見できる銘柄群を特定できる手法を紹介します。
 さらに、簡易DDM二段階モデルを数式なしで適用できる10のステップを開発いたしましたので、ここで紹介することにしました。
 つまり、午前中は、二段階のDDMをベースに、数式が不要で誰でも習得できる理論株価の算定手法を丁寧に解説いたします。

 午後については、中間決算を経たものの中から、業績不安のない銘柄を選び、理論株価を演習から算出していきます。

 本セミナーの目的は、業績不安のない銘柄から中長期の割安銘柄を発掘、もしくは、再確認することです。
 本作業によって、みなさまの投資パフォーマンス向上の一助となるはずです。

 本セミナーに是非、奮ってご参加ください。




【開催概要】

日時:11月25日(日)
   9:45開場 10:00開始 16:40終了予定

[第一部 講習] 10:00〜11:40
「数式なしでバリュエーションを計算するための10のステップ」
(5〜7年後の予想配当利回りで銘柄を選別する)」


[第二部 演習] 12:40〜16:30
・中間決算のとりまとめ(季節性のチェック)
・業績での安心感のある銘柄を中心に分析
・午前に学習した「数式なしでのバリュエーション」による株価評価
・上値余地が高いものをテーブルごとに発表


場所:東京都千代田区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:20,000円(税込)

講師:山本潤
演習補助:リンクスリサーチアナリストほか

※終了後、有志にて懇親会を行います。参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】


1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/CP9xxi
magabuy01.gif


2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※残席わずかです。満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【ご参加条件】


 分析作業(演習)にはExcelがインストールされたパソコン(タブレット)が必須となります。当日は必ずお持ち下さい。
 ※パソコンレンタルはありません。

 また、モバイルルータ(wifi)をお持ちの方はご持参下さい。
 ※wifi環境は用意しますが、お持ちの方はぜひ持参にご協力下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム 株式会社リンクスリサーチ

 


JUGEMテーマ:株・投資




【お知らせ】チャンネル炎第32回目「掉尾の一振に向けて」をアップしました








 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場を語る炎チャンネル。
 第32回目「掉尾の一振に向けて」がアップされました。


 第32回目「掉尾の一振に向けて」
 【YouTube】https://youtu.be/535ccjUj8Iw
 【ニコニコ動画】https://www.nicovideo.jp/watch/1539876064

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めておりますので宜しくお願いします。

JUGEMテーマ:株・投資




インド自動車事情



 久しぶりの投稿です。ぢんぢ部長です。
 調べてみると、何と約6年ぶりのコラムです。

 前回コラムでは、インドのTATA財閥トップ交代について書いています。
 前回コラム:http://okuchika.net/?eid=4266


 あれから6年。
 インドも大きく変わりました。


 現在では、「Make in India」「Invest India」など、多くのスローガンを掲げて経済成長と産業振興を力強く進めており、それとともにインド国民の生活も大きく変わりつつあります。

 日本では消費増税に関して、電子決済での優遇案が出ているようですが、インドではロードサイドの小さな商店にまで電子決済が浸透しつつあり、小規模商店でのそれの普及は遙かに日本を上回っています。この分野ではインドに対して日本は非常に遅れている印象です。


 さて、私はインドの経済成長や変化を話す例示として、よく自動車産業を利用します。自動車製造は、原材料から部品調達、設計や製造や品質管理、販売など、総合力が必要な産業ですから、国力と経済力を考えるのに非常に分かりやすいと思っているからです。

 ご存じの通り、インドではスズキがトップシェアを長い間堅持しており、その存在感はかなりのものです。50%近くの圧倒的シェアを誇ります。2位は韓国のヒュンダイ、3位は国産車のマヒンドラとなっています。

 2017〜2018はインド国内で328万台が売れ、世界第3位の乗用車市場となっています(BMW、アウディ、メルセデス、ジャガー、ランドローバーなどのプレミアムカーを除いた数字)。


[インドの自動車シェア]2017〜2018

 1.スズキ   49.98%
 2.ヒュンダイ 16.30%
 3.マヒンドラ  7.56%
 4.タタ     6.39%
 5.ホンダ    5.17%
 6.トヨタ    4.27%
 7.ルノー    3.10%
 8.フォード   2.73%
 (以下、フィアット、日産、VW、スコダ、GMなど)


 現地でヒアリングしても、スズキの強さは皆一様に認めていて、近い将来、スズキ単独で500万台はもうコンセンサスのようです。さらに高級ブランドNEXAを展開し、こちらも絶好調とか。ロードサイドに広告が目立ちます。とにかく作れば売れるという状態だと聞いています。

 世界の王者トヨタは苦戦していて、先のスズキとの提携で生産協力が…(謎


 その自動車産業で直近にニュースが飛びこんで来ました。

 インド国内調達率75%超のSUVタイプ電気自動車が2020年第2四半期にローンチされるとのこと。中国の企業が、中国のお金と中国の部品企業をインド国内へ持ってきて、元GMの工場を取得して製造するのです。
 すでにインドへ500億ルピー(約750億円)の投資をしており、インド国内の電気自動車市場を創造しようと目論んでいます。

 これは、インド政府の掲げる「Make in India」に呼応して中国企業が進出した大きな事例と言えます。歴史的に中国とインドは仲が良くありませんが、経済的結びつきは近年非常に強固になって来ています。


 なお、イーロンマスク率いるテスラは、2019年12月23日にモデル3(480万ルピー:720万円)とモデルX(550万ルピー:825万円)をインドでデリバリーすると既に発表しているので、2020年はインドの電気自動車元年になるかも知れません。



 ただし、インドの電気インフラは未だ万全とは言えず、燃料たる充電ステーション網を構築していくのはまだ時間がかかるでしょうね。多くの村落でまだ電気が来ていないですから、遠乗りと言うよりは都市内での移動が中心となるでしょう。


 一方、インド最大の財閥TATAは、傘下に英ランドローバーとジャガーを持っています。そのTATA自動車の新型SUVが、ランドローバーのシャーシーや技術を導入したことで話題になっています。
 ランドローバーといえば、イギリス発祥のオフロードブランドです。堅牢で本格的な悪路走破性能と、高級な内装などで世界中にファンが多いのですが、それが関連会社のシェア4位のTATA自動車へ技術供与というシナジーを発揮したことになります。



 ブランドの最高級車レンジローバーは2000〜4000万ルピー(3000万〜6000万円)ですが、TATAの新型SUVは140〜180万ルピー(210万〜270万円)ですので、およそ14〜20分の1の価格でエッセンスを味わえることになりますね。
 ガソリン車ですが、インドでのSUV人気を背景に、今後が楽しみです。

 買収から10年。やっと具体的な効果が出てきましたね。



 ちょうど今月の27〜28日にインドのモディ首相が来日します。
 インド関連の報道が増えると思いますので、皆さんもチェックしてみて下さい。


 次回は、インドのお酒事情を書いてみます。


(ぢんぢ部長)


■皆さんからのインドに関するご質問などを受け付けます。
 全てのご質問は、コラムを通じて回答する形式を採りますのでご了承下さい。
 質問、お待ちしております。
 okuchika.mail@gmail.com

■プロフィール:億の近道編集長。本職は、インドと日本のビジネスブリッジ
 が中心。インド国内に強力な人脈を持ち、インド進出のバックアップを行う。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/piowristoc
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:海外投資




億の近道2018/10/17


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/17

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★


===================================


             −本日の目次−
     (本日の担当:ぢんぢ部長&炎のファンドマネージャー)


     ◆コラム「インド自動車事情」:ぢんぢ部長
     ◆コラム「EPS100円以上の中小型低PER銘柄」:炎


===================================


■ お知らせ ■


 炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー
を開催!!


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を
取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は変更することがあります)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/18rS3U

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「インド自動車事情」


 久しぶりの投稿です。ぢんぢ部長です。
 調べてみると、何と約6年ぶりのコラムです。

 前回コラムでは、インドのTATA財閥トップ交代について書いています。
 前回コラム:http://okuchika.net/?eid=4266


 あれから6年。
 インドも大きく変わりました。


 現在では、「Make in India」「Invest India」など、多くのスローガンを掲
げて経済成長と産業振興を力強く進めており、それとともにインド国民の生活
も大きく変わりつつあります。

 日本では消費増税に関して、電子決済での優遇案が出ているようですが、イ
ンドではロードサイドの小さな商店にまで電子決済が浸透しつつあり、小規模
商店でのそれの普及は遙かに日本を上回っています。この分野ではインドに対
して日本は非常に遅れている印象です。


 さて、私はインドの経済成長や変化を話す例示として、よく自動車産業を利
用します。自動車製造は、原材料から部品調達、設計や製造や品質管理、販売
など、総合力が必要な産業ですから、国力と経済力を考えるのに非常に分かり
やすいと思っているからです。

 ご存じの通り、インドではスズキがトップシェアを長い間堅持しており、そ
の存在感はかなりのものです。50%近くの圧倒的シェアを誇ります。2位は
韓国のヒュンダイ、3位は国産車のマヒンドラとなっています。

 2017〜2018はインド国内で328万台が売れ、世界第3位の乗用車
市場となっています(BMW、アウディ、メルセデス、ジャガー、ランドロー
バーなどのプレミアムカーを除いた数字)。


[インドの自動車シェア]2017〜2018

 1.スズキ   49.98%
 2.ヒュンダイ 16.30%
 3.マヒンドラ  7.56%
 4.タタ     6.39%
 5.ホンダ    5.17%
 6.トヨタ    4.27%
 7.ルノー    3.10%
 8.フォード   2.73%
 (以下、フィアット、日産、VW、スコダ、GMなど)


 現地でヒアリングしても、スズキの強さは皆一様に認めていて、近い将来、
スズキ単独で500万台はもうコンセンサスのようです。さらに高級ブランド
NEXAを展開し、こちらも絶好調とか。ロードサイドに広告が目立ちます。
とにかく作れば売れるという状態だと聞いています。

 世界の王者トヨタは苦戦していて、先のスズキとの提携で生産協力が…(謎


 その自動車産業で直近にニュースが飛びこんで来ました。

 インド国内調達率75%超のSUVタイプ電気自動車が2020年第2四半
期にローンチされるとのこと。中国の企業が、中国のお金と中国の部品企業を
インド国内へ持ってきて、元GMの工場を取得して製造するのです。
 すでにインドへ500億ルピー(約750億円)の投資をしており、インド
国内の電気自動車市場を創造しようと目論んでいます。

 これは、インド政府の掲げる「Make in India」に呼応して中国企業が進出し
た大きな事例と言えます。歴史的に中国とインドは仲が良くありませんが、経
済的結びつきは近年非常に強固になって来ています。


 なお、イーロンマスク率いるテスラは、2019年12月23日にモデル3
(480万ルピー:720万円)とモデルX(550万ルピー:825万円)
をインドでデリバリーすると既に発表しているので、2020年はインドの電
気自動車元年になるかも知れません。

 ただし、インドの電気インフラは未だ万全とは言えず、燃料たる充電ステー
ション網を構築していくのはまだ時間がかかるでしょうね。多くの村落でまだ
電気が来ていないですから、遠乗りと言うよりは都市内での移動が中心となる
でしょう。


 一方、インド最大の財閥TATAは、傘下に英ランドローバーとジャガーを
持っています。そのTATA自動車の新型SUVが、ランドローバーのシャー
シーや技術を導入したことで話題になっています。
 ランドローバーといえば、イギリス発祥のオフロードブランドです。堅牢で
本格的な悪路走破性能と、高級な内装などで世界中にファンが多いのですが、
それが関連会社のシェア4位のTATA自動車へ技術供与というシナジーを発
揮したことになります。

 ブランドの最高級車レンジローバーは2000〜4000万ルピー(300
0万〜6000万円)ですが、TATAの新型SUVは140〜180万ルピ
ー(210万〜270万円)ですので、およそ14〜20分の1の価格でエッ
センスを味わえることになりますね。
 ガソリン車ですが、インドでのSUV人気を背景に、今後が楽しみです。

 買収から10年。やっと具体的な効果が出てきましたね。



 ちょうど今月の27〜28日にインドのモディ首相が来日します。
 インド関連の報道が増えると思いますので、皆さんもチェックしてみて下さ
い。


 次回は、インドのお酒事情を書いてみます。


(ぢんぢ部長)


■皆さんからのインドに関するご質問などを受け付けます。
 全てのご質問は、コラムを通じて回答する形式を採りますのでご了承下さい。
 質問、お待ちしております。
 okuchika.mail@gmail.com

■プロフィール:億の近道編集長。本職は、インドと日本のビジネスブリッジ
 が中心。インド国内に強力な人脈を持ち、インド進出のバックアップを行う。


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/piowristoc
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 億の近道月曜版執筆でおなじみの炎のファンドマネージャーが、肉声で相場
を語る炎チャンネル。
 第31回目「投資タイミングは、今でしょ!?」がアップされました。


 第31回目「投資タイミングは、今でしょ!?」
 【YouTube】https://youtu.be/jziDP8uTigs
 【ニコニコ動画】http://www.nicovideo.jp/watch/1539340206

 ぜひご視聴下さい。

 相場のサマリーや個別銘柄動向などを5〜6分にまとめておりますので、
 ご登録頂ければ幸いです。
 目下は無料番組ではありますが、価値あるコンテンツ作りに努めております
ので宜しくお願いします。


===================================


◆コラム「EPS100円以上の中小型低PER銘柄」


 株式投資は実に面白い。

 そう思われて日々、株式投資に取り組まれている多くの皆さんに炎のファン
ドマネージャーは様々なメッセージをお送りしています。


 既にお知らせしているように、来たる11月3日にまた渋谷で開催予定の炎
セミナーで私は過去のセミナーとは異なる面白い株の世界をまた少しお話して
みたいと考えています。

 ぜひ今回も皆様のご来場をお待ちしております。


 皆さんの来場を促すためにPRを兼ねて表題のタイトルで本日は皆様にお伝
えしたいと思います。
 最後にクイズを掲げておきました。クイズに正解された方から抽選で2名様
を参加費無料とさせて頂きますので宜しくお願いします。


1.炎が選んだEPS100円以上の中小型3銘柄

 日経平均は話題になりますが案外、JASDAQやマザーズなどの中小型指
数は話題になりにくい。先般、日経平均が高値を抜けた時にメディアは何年ぶ
りの株価だとか騒いでいましたが、投資家の実感とはかけ離れていたように思
います。

 相場環境は相変わらずさほど良くなっていない。それは一握りの銘柄に人気
の偏りが見られるためです。米国株の調整で日本株も調整を余儀なくされまし
たが、1月高値を抜けないまま推移してきた株価指数が今の日本株の実体を示
していると言えます。

 多くの個人投資家は手持ちの銘柄がなかなか上がらない現実と短期に動く銘
柄への乗り換えの誘惑と揺れ動いているのではないかと思われますが、相変わ
らず二極化が続く中で少しはポジティブな評価とリターンを上げ得る投資チャ
ンスが潜む中小型低PER銘柄の研究には多くの読者投資家が興味をもって頂
けるのではないかと考えています。


 そこで今回は業績が堅調な中小型3銘柄を選定してみましたのでご参照下さ
い。



1.テノックス(1905・JQ) 時価981円

 2017年11月高値1355円
 2018年 2月安値 921円

 今3月期予想EPS100.4円
 ⇒今期業績上方修正期待あり

 同PER9.8倍

 1Q実績BPS1625円 (期末予想BPS1660円)

 同PBR0.6倍

 1株配当金 30円(配当性向29.9%)
 (中間期15円、期末15円)
 配当利回り3.06%

 浮動株95万株(9.3億円)
 自己株72.3万株(7.1億円)
 発行済み株式数769.4万株

 経常利益9.5億円 
 ⇒上方修正期待あり、中計で15億円見込む、過去のピーク19億円

 時価総額68.4億円(7.2倍)



2.日創プロニティ(3440・Q) 時価1000円

 1月高値1230円
 7月安値 921円

 今8月期予想EPS134.6円

 同PER7.4倍

 実績BPS1234円 (期末予想BPS1338円)

 同PBR0.8倍

 1株配当金 30円(配当性向22.3%)
 (期初予想25円、年1回)
 配当利回り3.0%

 浮動株117万株(11.7億円)
 自己株93.5万株(9.35億円)
 発行済み株式数736万株

 経常利益13.0億円
 ⇒過去のピーク28.4億円

 時価総額64.3億円(4.9倍)



3.協立エアテック(5997・JQ) 時価836円

 年初来高値948円
 同  安値705円

 今12月期予想EPS105円

 同PER7.96倍

 2Q実績BPS1187.8円

 同PBR0.7倍

 1株配当金 20円(配当性向19.0%)
 配当利回り2.39%

 浮動株98万株(8.2億円)
 自己株123.19万株(10.3億円)
 発行済み株式数600万株

 経常利益7.3億円 
 ⇒上方修正期待あり 過去のピーク7.4億円

 時価総額39.9億円(5.47倍)



【炎の株クイズ】


 皆さんもこれら3銘柄を一度吟味してみて下さい。

 さて、この3銘柄のうち炎のファンドマネージャーが最も注目している銘柄
はどれでしょうか。また、その理由は何でしょうか。
 以下から選んでください。


[最も注目している銘柄]

 1.テノックス
 2.日創プロニティ
 3.協立エアテック


[注目している理由(複数可)]

 A.割安感
 B.キャッシュリッチ
 C.成長性
 D.経営者
 E.今後のIRへの取り組み
 F.配当利回り
 G.安定性
 H.事業戦略
 I.何となく

 ご回答は以下のURLをクリックし、回答と必要事項をフォームにご入力下さい。

 https://goo.gl/wrNAfg


■編集部注
 10/21日曜日23:59〆切です。
 当選者への連絡をもって発表に替えさせていただきます。


 宜しくお願いします。


 それでは11月3日、会場でまたお目にかかれることを楽しみにしておりま
す。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/tainumalio
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


【石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!】


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


【着実に利益を継続確保!古い歴史と安定した取引先を持ち、低PER低PB
 Rで、キャッシュリッチなグローバル企業を研究!!】


 今週配信の有料メルマガでは、300年以上の古い歴史を持ち、着実に利益
を積み上げ続けており、国内外の安定した取引先を持ち、低PER低PBRで
不動産を中心に多くの資産があるキャッシュリッチでグローバルな高配当優待
企業を研究しています。
 下落相場ではこのような安定業績な企業を安く買えるチャンスです。

 また、コラムでは、「平成の最後のバーゲンセールが始まったのかもしれな
い。そう考えたので株価の暴落に怯えるのではなく、前向きに超バーゲンセー
ルだと感じられる企業の株を少しずつ買うことをスタートしました。」と題し、
どのようにリスクテイクをして効率的に資産を回していくか、下落時の損切り
手法を中心に、自身のきっかけとなった事象を取り上げています。


 さらに、下落相場での筆者の投資行動に触れ、ケーススタディとしておりま
す。

 加えて、下落後の反発力が強いと思われる研究銘柄候補を、7銘柄挙げています。


 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第212号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第212号
が好評配信中です。


【下落相場をチャンスに変える情報掲載!!】


【10/15 第212号では】

■相場の視点
■米国株動向
■日経平均組入れの主力8銘柄動向
■年初来高値銘柄と安値銘柄数、値上がり銘柄率(16銘柄)
■個別銘柄ショートコメント(5銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。

===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:海外投資



JUGEMテーマ:ビジネス




書評:大国の興亡<下巻>



書評:大国の興亡<下巻>
   1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争
   ポール・ケネディ 著 草思社
   https://amzn.to/2Cju0Sf


■平和主義がナチスの台頭を招いた

 第一次世界大戦以降、本書が執筆された1980年代後半までの「大国の興亡」が詳細に述べられている。

 日本は第一次世界大戦の戦勝国であり、自国が戦場になることは無かったので、その悲惨さについてはあまり語られることが無い。

 しかし、4年半の総力戦による戦死者は800万人。回復不能な障害を負った者が700万人。重軽傷を負った者が1500万人。また、ロシアを除いた全欧州で、500万人が、戦争がもたらした病気や飢饉や物資の不足で死んでいる。ロシアでは内乱による多数の死者を合わせると、それ以上の人間が死んでいる。さらに、1918年〜19年にかけて流行したインフルエンザは戦争で疲弊した数百万人の命を奪った。結果、同期間に死亡した人々は6000万人に及ぶとされる。

 それに対して、第二次世界大戦における連合国・枢軸国および中立国の軍人・民間人の被害者数の総計は5000万〜8000万人(飢饉や病気の被害者数も含まれる)とされる。当時の世界の人口の2.5%以上にもおよぶ。民間人の被害者数:3800万〜5500万(飢饉・病気が原因であるものは1300万〜2000万)である。

 フランスの現在の人口が6700万人、英国が約6500万人であるから主要国が一つ吹き飛ぶほどの被害であったのだ。

 だから、1918年の第一次世界大戦終結の後、欧州各国の指導者が再び悲惨な戦争を引き起こさないことを最大の目標に掲げたこともよくわかる。巷には憲法9条教の信者のような特異な人々がいたかもしれない・・・。

 その間隙を塗ってナチス・ドイツやムッソリーニのファシスト党が勢力を拡大したというわけだ。その間、英仏をはじめとする欧州諸国は、再び戦争を起こさないためにナチスに譲歩を続けた。

 英国では、ナチスに対して非融和的政策を唱えたチャーチルが冷や飯を食わされたし、IBMの実質的創業者であるワトソン・シニアがナチスから勲章を授与され鼻高々になったということもあった(ナチ批判が高まったため後に返還している)。

 今では、ハリウッドのユダヤ人勢力によって反ナチプロパガンダ映画がうんざりするほど製作されるが、当時の欧州や米国ではナチス・ドイツ(国家社会主義労働者党)に対して好意的な人々も多かったのである。

 しかし、1939年3月の事実上のチェコ併合の後、8月23日、ヒトラーは独ソ不可侵条約を締結し、9月1日にポーランドに侵攻した。これに対し、堪忍袋の緒が切れた英仏両国は、9月3日ドイツに宣戦し、第二次世界大戦が始まった。

 現在の共産主義中国も当時のナチス・ドイツと同じ立ち位置である。2回の世界大戦で国土が荒廃した欧州はもちろん、ベトナム戦争で傷を負った米国も大きな戦争はしたくない。その間隙を縫って(特に習近平氏以降の)、共産主義中国は、領土的野心をむき出しにした侵略行為を南シナ海、尖閣、民主主義中国(中華民国=台湾)などで行った。

 今回の米中貿易戦争と呼ばれるものでは、単に関税だけでは無く、共産主義中国によるスパイ行為にもスポットライトが当たった。さらには天井の無いアウシュビッツ(ウィグル)やソ連との武器の取引も強く糾弾されている。

 明らかに米国の堪忍袋の緒が切れつつあるのである。特に共産主義中国による民主主義中国(台湾)への侵略は「米国の核心思想」への攻撃であり一線を超える行為である。

 2世のボンボンである習近平氏が状況をわきまえて正しい判断を行うことができるかどうか不安である。


■共産主義(ファシズム=全体主義)国家は知識社会では繁栄できない

 ファシズムの生みの親が、イタリアのベニート・ムッソリーニであることは意外と知られていない。第二次世界大戦末期、幽閉されていたムッソリーニをヒットラーが電撃的作戦で救出し、それ以後ヒットラーの部下同然になったムッソリーニだが、ファシズムの歴史においては先輩なのである。

 ムッソリーニはもともとイタリア社会党員であり、党中央の日刊紙である『アヴァンティ』編集長に任命されその辣腕によって発行部数を急拡大させている。

 さらにソ連のレーニンもムッソリーニの演説会に足を運んでその才能を高く評価し、後にイタリア社会党が彼を除名した際には「これでイタリア社会党は革命を起こす能力を失った」とムッソリーニを称賛している。

 したがって、共産主義とファシズムは同根であり、極めて似通った思想(全体主義)なのだが、このような全体主義国家においては、ピータ―・F・ドラッカーが定義する「知識社会」の発展はありえない。

 本書でも「知識集約産業は、技術的な訓練を受けた人々が自由な研究を奨励され、新しい知識や仮説をできるだけ広範囲に交換できる社会で最も発達する」と述べられているが、知識社会発展のキーワードは「自由」である。

 牛や馬と一緒に働く農奴や奴隷であれば、ムチ打って強制的な労働を行わせることができるかもしれない。しかし、バイオテクノロジーの研究員を鞭打って業績を向上することなどできないことはすぐにわかる。

 すぐれた研究員同士が自由に意見を交換し、より高度なアイディアを生み出すことが研究の発展につながるのである。だから「思想・表現の自由」は最も重要である。

 だから、これからの「大国の興亡」においては、軍事力、経済力も重要だが「自由」こそが最も注目しなければならない要素なのである。


(大原浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


JUGEMテーマ:書評



JUGEMテーマ:歴史




有料メルマガライブラリから(267)「バランス・シートを読むための簡単な知識(2)」

d82fe9dbb6e956b7fc8a12b6ece3eba3_s.jpg


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「バランス・シートを読むための簡単な知識(2)」=
 (有料メルマガ第346回・2015/9/8配信号)


※2015年9月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


1.バランス・シートをどう見るか。


 ある企業のバランス・シートを見せられ、この企業が財務内容の良い企業か財務内容の悪い企業か一分で判断しろといわれたらみなさんはどうするでしょうか。その判断の仕方を今日は学びましょう。


 それでは質問です。

「バランス・シートの左側と右側には何が表示されているかをひと言で言ってください。


 このように質問されたら購読者のみなさんはなんとお答えになるでしょうか。


〔バランス・シートの左側には何が書かれているのか〕

 バランス・シートの左側には企業の資産が表示されています。
 つまり「目にみえるもの」が表示されているのです。

 それはお金が姿を変えたもろもろのもので、企業が調達したお金がどのように企業の中で運用されているかを表しています。


〔バランス・シートの右側には何が書かれているのか〕

 バランス・シートの右側には、資産(=運用されているもの)を賄っているお金の出どころが表示されているのです。


 バランス・シートを見るとき個別の勘定科目の内容を細かく見ていくとともに、大雑把にバランス・シートを俯瞰することも必要になります。


 バランス・シートを左右同時に見ることによって、その企業の財務構造を理解することができるからです。

 財務諸表の勉強を始めると、ついつい森を見るのを忘れて、細かい木を見ることに目が行きがちですが、森で迷わないためには、大雑把に森を上から写し取った俯瞰図を忘れないようにしたいものです。

 投資家にとっては、この考え方、見かたのほうが個々の勘定科目よりずっと重要です。


2.バランス・シートを見るときの第一の着眼点

 私は金融資産が大好きですが、この「資産」というのは何でしょうか。

 「お金の運用」された具体的な姿を「資産」といいます。
 これはいま学んだようにバランス・シートの左側に表示されています。

 現・預金はお金そのものですが、投資有価証券は、すぐにお金に変わる『資産』です。


 じゃあ、金融資産以外の『資産』、例えば在庫とか土地とか建物を得るために使ったお金の出所はどこでしょうか。

 それが示されているのがバランス・シートの右側です。


 「お金の出どころ」には「他人のお金=負債」と「自分のお金=資本」があり、負債のほうを「他人資本」資本のほうを「自己資本」というわけです。
 他人資本はいずれは返済する必要があるものです。

 だから私は自己資本比率を重視して、書くようにしています。
 自己資本比率が高い企業のほうが倒産リスクは低くなります。


〔第一の着眼点 自己資本比率〕


 それではバランス・シートを一目見てその企業の財務内容を判断する場合の着眼点を説明します。


 ◎バランス・シートを見るときの第一の着眼点は「自己資本比率」です。


 利益が上がらないと自己資本比率はどんどん悪化していきます。自己資本比率が低いということは、設備や関係会社への投資(固定資産)も、毎日の営業活動のために必要な在庫や売掛金・受取手形などの運転資金(流動資産)も、とにかくほとんどの資産は他人のお金でまかなわれていることを意味します。他人のお金の最も大きなものは借入金です。


〔借金企業の持つ在庫は実は借金の塊なんです〕

 借入金で資産を賄うということは、売上金のいかんにかかわらず時間に比例して大きな金利が発生していることになります。不況時には不況抵抗力が弱い体質を表します。不況期には風邪を引きやすい体質です。風邪は万病のもとで風邪をこじらせると死に至る病(=倒産)でもあります。

 また、設備資金や運転資金の借入の返済に常に追われることになり、資金繰りが苦しい財務体質を端的に表わす指標でもあるわけです。


自己資本比率=自己資本÷総資本×100

 大きい(比率が高い)ほうが財務内容が良いのです。

【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信しています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【着実に利益を継続確保!古い歴史と安定した取引先を持ち、低PER低PBRで、キャッシュリッチなグローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、300年以上の古い歴史を持ち、着実に利益を積み上げ続けており、国内外の安定した取引先を持ち、低PER低PBRで不動産を中心に多くの資産があるキャッシュリッチでグローバルな高配当優待企業を研究しています。
 下落相場ではこのような安定業績な企業を安く買えるチャンスです。

 また、コラムでは、「平成の最後のバーゲンセールが始まったのかもしれない。そう考えたので株価の暴落に怯えるのではなく、前向きに超バーゲンセールだと感じられる企業の株を少しずつ買うことをスタートしました。」と題し、どのようにリスクテイクをして効率的に資産を回していくか、下落時の損切り手法を中心に、自身のきっかけとなった事象を取り上げています。


 さらに、下落相場での筆者の投資行動に触れ、ケーススタディとしておりま
す。

 加えて、下落後の反発力が強いと思われる研究銘柄候補を、7銘柄挙げています。


 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 ]銘柄研究 帝国電機製作所(6333)


過去サンプル(コラム)
 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!

lowerbanner02.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2018/10/16


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2018/10/16

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


  ◆コラム「有料メルマガライブラリから(267)」:石川臨太
  ◆コラム「書評:大国の興亡<下巻>」:大原浩


===================================


■残席わずか!山本潤氏の「中間決算分析セミナー」開催!!


 「億の近道」発行元NPO法人イノベーターズ・フォーラム理事で、
リンクスリサーチアナリストの山本潤氏が、中間決算を読み解く分析セミナー
を行います。

 有価証券報告書の財務分析セミナーに続く、演習を含んだセミナーです。


【開催概要】

日時:11月25日(日)

「数式なしでバリュエーションを計算するための10のステップ」
(5〜7年後の予想配当利回りで銘柄を選別する)」
・中間決算のとりまとめ(季節性のチェック)
・業績での安心感のある銘柄を中心に分析
・午前に学習した「数式なしでのバリュエーション」による株価評価
・上値余地が高いものをテーブルごとに発表

 詳細・お申し込みはこちら

 http://okuchika.net/?eid=7990


主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム 株式会社リンクスリサーチ


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(267)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「バランス・シートを読むための簡単な知識(2)」=
 (有料メルマガ第346回・2015/9/8配信号)

※2015年9月現在の内容です。留意してお読み下さい。


【前略】


1.バランス・シートをどう見るか。


 ある企業のバランス・シートを見せられ、この企業が財務内容の良い企業か
財務内容の悪い企業か一分で判断しろといわれたらみなさんはどうするでしょ
うか。その判断の仕方を今日は学びましょう。


 それでは質問です。

「バランス・シートの左側と右側には何が表示されているかをひと言で言って
ください。


 このように質問されたら購読者のみなさんはなんとお答えになるでしょうか。


〔バランス・シートの左側には何が書かれているのか〕

 バランス・シートの左側には企業の資産が表示されています。
 つまり「目にみえるもの」が表示されているのです。

 それはお金が姿を変えたもろもろのもので、企業が調達したお金がどのよう
に企業の中で運用されているかを表しています。


〔バランス・シートの右側には何が書かれているのか〕

 バランス・シートの右側には、資産(=運用されているもの)を賄っている
お金の出どころが表示されているのです。


 バランス・シートを見るとき個別の勘定科目の内容を細かく見ていくととも
に、大雑把にバランス・シートを俯瞰することも必要になります。


 バランス・シートを左右同時に見ることによって、その企業の財務構造を理
解することができるからです。

 財務諸表の勉強を始めると、ついつい森を見るのを忘れて、細かい木を見る
ことに目が行きがちですが、森で迷わないためには、大雑把に森を上から写し
取った俯瞰図を忘れないようにしたいものです。

 投資家にとっては、この考え方、見かたのほうが個々の勘定科目よりずっと
重要です。


2.バランス・シートを見るときの第一の着眼点

 私は金融資産が大好きですが、この「資産」というのは何でしょうか。

 「お金の運用」された具体的な姿を「資産」といいます。
 これはいま学んだようにバランス・シートの左側に表示されています。

 現・預金はお金そのものですが、投資有価証券は、すぐにお金に変わる
 『資産』です。


 じゃあ、金融資産以外の『資産』、例えば在庫とか土地とか建物を得るため
に使ったお金の出所はどこでしょうか。

 それが示されているのがバランス・シートの右側です。


 「お金の出どころ」には「他人のお金=負債」と「自分のお金=資本」があ
り、負債のほうを「他人資本」資本のほうを「自己資本」というわけです。
 他人資本はいずれは返済する必要があるものです。

 だから私は自己資本比率を重視して、書くようにしています。
 自己資本比率が高い企業のほうが倒産リスクは低くなります。


〔第一の着眼点 自己資本比率〕


 それではバランス・シートを一目見てその企業の財務内容を判断する場合の
着眼点を説明します。


 ◎バランス・シートを見るときの第一の着眼点は「自己資本比率」です。


 利益が上がらないと自己資本比率はどんどん悪化していきます。自己資本比
率が低いということは、設備や関係会社への投資(固定資産)も、毎日の営業
活動のために必要な在庫や売掛金・受取手形などの運転資金(流動資産)も、
とにかくほとんどの資産は他人のお金でまかなわれていることを意味します。
他人のお金の最も大きなものは借入金です。


〔借金企業の持つ在庫は実は借金の塊なんです〕

 借入金で資産を賄うということは、売上金のいかんにかかわらず時間に比例
して大きな金利が発生していることになります。不況時には不況抵抗力が弱い
体質を表します。不況期には風邪を引きやすい体質です。風邪は万病のもとで
風邪をこじらせると死に至る病(=倒産)でもあります。

 また、設備資金や運転資金の借入の返済に常に追われることになり、資金繰
りが苦しい財務体質を端的に表わす指標でもあるわけです。


自己資本比率=自己資本÷総資本×100

 大きい(比率が高い)ほうが財務内容が良いのです。

【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


★有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」を週1回配信し
 ています。石川臨太郎が特定銘柄を挙げて詳細研究する「銘柄研究」が好評
 です。ご興味がある方はぜひ一度ご購読下さい。


【着実に利益を継続確保!古い歴史と安定した取引先を持ち、低PER低PB
 Rで、キャッシュリッチなグローバル企業を研究!!】


 本日配信の有料メルマガでは、300年以上の古い歴史を持ち、着実に利益
を積み上げ続けており、国内外の安定した取引先を持ち、低PER低PBRで
不動産を中心に多くの資産があるキャッシュリッチでグローバルな高配当優待
企業を研究しています。
 下落相場ではこのような安定業績な企業を安く買えるチャンスです。

 また、コラムでは、「平成の最後のバーゲンセールが始まったのかもしれな
い。そう考えたので株価の暴落に怯えるのではなく、前向きに超バーゲンセー
ルだと感じられる企業の株を少しずつ買うことをスタートしました。」と題し、
どのようにリスクテイクをして効率的に資産を回していくか、下落時の損切り
手法を中心に、自身のきっかけとなった事象を取り上げています。


 さらに、下落相場での筆者の投資行動に触れ、ケーススタディとしておりま
す。

 加えて、下落後の反発力が強いと思われる研究銘柄候補を、7銘柄挙げています。


 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。


 過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)http://okuchika.jugem.jp/?eid=5007
 銘柄研究 わらべや日洋(2918) http://okuchika.jugem.jp/?eid=4234
 銘柄研究 ミライアル(4238)  http://okuchika.jugem.jp/?eid=4244

過去サンプル(コラム)

 増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894

 安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789

 割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる
 (2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776

 現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしよう
 とするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/baicraecla
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


 炎ファンドマネージャー「年末に向けた過去IPO銘柄投資戦略」セミナー
を開催!!


 億の近道月曜日担当の炎ファンドマネージャーが、ここ数年のIPO銘柄を
取り上げ、ここから年間に向けた各個別の投資戦略を語ります。

 ・先行投資で株価低迷中の具体的銘柄への取り組み方
 ・中長期的視点でリターンを上げるためのヒント
 ・少し早いが2018年のIPO銘柄を振り返ってみよう
 ・忘れられた過去3年のIPO銘柄
 ・これからのIPO銘柄の取り組み方
 ・時代の潮流を表すIPO銘柄
 ・投資テーマとIPO銘柄

などをお話します。
 是非、奮ってご参加ください。
(内容は一部変更することがあります)


【開催概要】

日時:11月3日(土)
   13:15開場 13:30開始 16:30終了予定

場所:東京都渋谷区
    場所の詳細は、お申し込み後にご案内いたします。


参加費:5,000円(税込)

講師:炎のファンドマネージャー

※終了後、有志にて懇親会を行います。炎ファンドマネージャーも参加します。
 参加費用は5,000円です。
 セミナーお申し込み時にお知らせ下さい。


【申込要項】

1.こちらのフォームに必要事項を入力・送信して下さい。

  https://goo.gl/18rS3U

2.お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。

 ※満席になり次第、お申し込み〆切となりますのでご注意下さい。


【注意事項】

1.当日の撮影・録音等は固くお断りいたします。
2.途中参加、途中退出も可能ですが、参加費は返金いたしかねます。


※当セミナーは、特定の金融商品を斡旋・販売するようなことはありません。
 純粋に情報提供ですので、安心してご参加下さい。

主催:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


===================================


◆コラム「書評:大国の興亡<下巻>」


書評:大国の興亡<下巻>
   1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争
   ポール・ケネディ 著 草思社
   https://amzn.to/2Cju0Sf


■平和主義がナチスの台頭を招いた

 第一次世界大戦以降、本書が執筆された1980年代後半までの「大国の興
亡」が詳細に述べられている。

 日本は第一次世界大戦の戦勝国であり、自国が戦場になることは無かったの
で、その悲惨さについてはあまり語られることが無い。

 しかし、4年半の総力戦による戦死者は800万人。回復不能な障害を負っ
た者が700万人。重軽傷を負った者が1500万人。また、ロシアを除いた
全欧州で、500万人が、戦争がもたらした病気や飢饉や物資の不足で死んで
いる。ロシアでは内乱による多数の死者を合わせると、それ以上の人間が死ん
でいる。さらに、1918年〜19年にかけて流行したインフルエンザは戦争
で疲弊した数百万人の命を奪った。結果、同期間に死亡した人々は6000万
人に及ぶとされる。

 それに対して、第二次世界大戦における連合国・枢軸国および中立国の軍人
・民間人の被害者数の総計は5000万〜8000万人(飢饉や病気の被害者
数も含まれる)とされる。当時の世界の人口の2.5%以上にもおよぶ。民間
人の被害者数:3800万〜5500万(飢饉・病気が原因であるものは13
00万〜2000万)である。

 フランスの現在の人口が6700万人、英国が約6500万人であるから主
要国が一つ吹き飛ぶほどの被害であったのだ。

 だから、1918年の第一次世界大戦終結の後、欧州各国の指導者が再び悲
惨な戦争を引き起こさないことを最大の目標に掲げたこともよくわかる。巷に
は憲法9条教の信者のような特異な人々がいたかもしれない・・・。

 その間隙を塗ってナチス・ドイツやムッソリーニのファシスト党が勢力を拡
大したというわけだ。その間、英仏をはじめとする欧州諸国は、再び戦争を起
こさないためにナチスに譲歩を続けた。

 英国では、ナチスに対して非融和的政策を唱えたチャーチルが冷や飯を食わ
されたし、IBMの実質的創業者であるワトソン・シニアがナチスから勲章を
授与され鼻高々になったということもあった(ナチ批判が高まったため後に返
還している)。

 今では、ハリウッドのユダヤ人勢力によって反ナチプロパガンダ映画がうん
ざりするほど製作されるが、当時の欧州や米国ではナチス・ドイツ(国家社会
主義労働者党)に対して好意的な人々も多かったのである。

 しかし、1939年3月の事実上のチェコ併合の後、8月23日、ヒトラー
は独ソ不可侵条約を締結し、9月1日にポーランドに侵攻した。これに対し、
堪忍袋の緒が切れた英仏両国は、9月3日ドイツに宣戦し、第二次世界大戦が
始まった。

 現在の共産主義中国も当時のナチス・ドイツと同じ立ち位置である。2回の
世界大戦で国土が荒廃した欧州はもちろん、ベトナム戦争で傷を負った米国も
大きな戦争はしたくない。その間隙を縫って(特に習近平氏以降の)、共産主
義中国は、領土的野心をむき出しにした侵略行為を南シナ海、尖閣、民主主義
中国(中華民国=台湾)などで行った。

 今回の米中貿易戦争と呼ばれるものでは、単に関税だけでは無く、共産主義
中国によるスパイ行為にもスポットライトが当たった。さらには天井の無いア
ウシュビッツ(ウィグル)やソ連との武器の取引も強く糾弾されている。

 明らかに米国の堪忍袋の緒が切れつつあるのである。特に共産主義中国によ
る民主主義中国(台湾)への侵略は「米国の核心思想」への攻撃であり一線を
超える行為である。

 2世のボンボンである習近平氏が状況をわきまえて正しい判断を行うことが
できるかどうか不安である。


■共産主義(ファシズム=全体主義)国家は知識社会では繁栄できない

 ファシズムの生みの親が、イタリアのベニート・ムッソリーニであることは
意外と知られていない。第二次世界大戦末期、幽閉されていたムッソリーニを
ヒットラーが電撃的作戦で救出し、それ以後ヒットラーの部下同然になったム
ッソリーニだが、ファシズムの歴史においては先輩なのである。

 ムッソリーニはもともとイタリア社会党員であり、党中央の日刊紙である
『アヴァンティ』編集長に任命されその辣腕によって発行部数を急拡大させて
いる。

 さらにソ連のレーニンもムッソリーニの演説会に足を運んでその才能を高く
評価し、後にイタリア社会党が彼を除名した際には「これでイタリア社会党は
革命を起こす能力を失った」とムッソリーニを称賛している。

 したがって、共産主義とファシズムは同根であり、極めて似通った思想(全
体主義)なのだが、このような全体主義国家においては、ピータ―・F・ドラ
ッカーが定義する「知識社会」の発展はありえない。

 本書でも「知識集約産業は、技術的な訓練を受けた人々が自由な研究を奨励
され、新しい知識や仮説をできるだけ広範囲に交換できる社会で最も発達する」
と述べられているが、知識社会発展のキーワードは「自由」である。

 牛や馬と一緒に働く農奴や奴隷であれば、ムチ打って強制的な労働を行わせ
ることができるかもしれない。しかし、バイオテクノロジーの研究員を鞭打っ
て業績を向上することなどできないことはすぐにわかる。

 すぐれた研究員同士が自由に意見を交換し、より高度なアイディアを生み出
すことが研究の発展につながるのである。だから「思想・表現の自由」は最も
重要である。

 だから、これからの「大国の興亡」においては、軍事力、経済力も重要だが
「自由」こそが最も注目しなければならない要素なのである。


(大原浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
 (JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。

★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


このコラムはいかがでしたか?面白かった・役に立ったと思った方は
是非ワンクリックをお願いいたします!
http://clap.mag2.com/wriatavoup
クリックだけでも結構ですし、コメントをいただけるともっと嬉しいです!


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第212号好評配信中!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第212号
が好評配信中です。


【下落相場をチャンスに変える情報掲載!!】


【10/15 第212号では】

■相場の視点
■米国株動向
■日経平均組入れの主力8銘柄動向
■年初来高値銘柄と安値銘柄数、値上がり銘柄率(16銘柄)
■個別銘柄ショートコメント(5銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」での有償のサービス等は「石川臨太郎の有料メールマガジン」
以外行っておりません。紛らわしい名称のサービスは弊社と一切関係ありませ
んのでご注意下さい。


===================================

当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html
 ◆melma!  ID:m00010868
       購読解除:http://www.melma.com/

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:歴史



JUGEMテーマ:書評




■着実に利益を継続確保!古い歴史と安定した取引先を持ち、低PER低PBRで、キャッシュリッチなグローバル企業を研究!!石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!!■

【勝ってる人は、読んでます】



■着実に利益を継続確保!古い歴史と安定した取引先を持ち、低PER低PBRで、キャッシュリッチなグローバル企業を研究!!

銘柄研究に最適な有料メルマガです!クオリティをぜひ体感してください。







 今週配信の有料メルマガでは、300年以上の古い歴史を持ち、着実に利益を積み上げ続けており、国内外の安定した取引先を持ち、低PER低PBRで不動産を中心に多くの資産があるキャッシュリッチでグローバルな高配当優待企業を研究しています。
 下落相場ではこのような安定業績な企業を安く買えるチャンスです。

 また、コラムでは、「平成の最後のバーゲンセールが始まったのかもしれない。そう考えたので株価の暴落に怯えるのではなく、前向きに超バーゲンセールだと感じられる企業の株を少しずつ買うことをスタートしました。」と題し、どのようにリスクテイクをして効率的に資産を回していくか、下落時の損切り手法を中心に、自身のきっかけとなった事象を取り上げています。


 さらに、下落相場での筆者の投資行動に触れ、ケーススタディとしております。

 加えて、下落後の反発力が強いと思われる研究銘柄候補を、7銘柄挙げています。


 金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。


詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。








有料メルマガは週1回・火曜日配信です。
詳細は http://www.iforum.jp/magazine.htm をご参照下さい。

過去サンプル(研究銘柄)
 銘柄研究 ニチリン(5184)
 銘柄研究 帝国電機製作所(6333)

過去サンプル(コラム)
増益修正や増配発表企業の株価が下落するのはチャンス(2017/02/28)
 http://okuchika.net/?eid=6894
安心できる企業の株でポートフォリオの再構築したい(2017/01/10)
 http://okuchika.net/?eid=6789
割安企業を選んで分散投資を行えばリバウンド相場で大きく稼げる(2016/12/27)
 http://okuchika.net/?eid=6776
現代の錬金術である株式投資を使って、老後の生活を少しでも豊かにしようとするための心得(2012/11/06)
 http://okuchika.jugem.jp/?eid=4235

lowerbanner02.jpg

JUGEMテーマ:株・投資



calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
億の近道有料メルマガ!
火曜日執筆者の石川臨太郎氏の有料メルマガです。 大好評配信中! 購読者を大募集しています。詳細は以下のページを参照下さい。
  なお、この有料メールマガジンの売り上げの一部は億の近道の発行運営に活用 されます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
categories
archives
recent comment
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM