■山本潤監修 グロース銘柄発掘隊 バックナンバー発売開始!




 以前よりご要望の多かった、成長株投資を応援するレポート、
 「山本潤監修 グロース銘柄発掘隊」のバックナンバーが
 お読みいただけるようになりました!

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


[詳細]
1.各レポートに1銘柄の深掘り分析内容です。(合併号除く)
2.レポートの構成は、原則として 【企業概要】【成長ドライバ】【業績予測】【理論株価】 のチャプター構成となっております。
  書き手によりチャプター以下の内容に違いがありますが、執筆客員アナリストの個性としてお楽しみ下さい。
3.一度ご購入いただくと、そのレポートは何度でも読めます。
4.後日フォローレポートがあった場合には、前回のレポートへ追記します。
5.2019年10月より「モデルポートフォリオ」を掲載していますが、この内容は定期購読者専用コンテンツですので、バックナンバーでは配信されません。ご了承下さい。
  お読みになりたい方は定期購読をどうぞ。※

※定期購読は10,000円+税/1か月と大変お得になっておりますので、
 ぜひご利用下さい。
 毎週1回(原則火曜日)に配信されます。

 定期購読申し込みは ⇒ https://goo.gl/8TLmfM


JUGEMテーマ:株・投資




リスク(標準偏差)を上げずにリターンをあげる方法




 コロナ対応が収まりを見せない中で、皆様どのように資産運用と向き合っておられるでしょうか。

 前回、前々回とマーケットの悪い中で投資家としてどのように振舞うべきかという所を書いてきましたので、今回は別の話。


 最近、お客様の相談に乗っている中でよく検討する手法の一つに、
「法人を設立して、個人所得の一部を法人の売上に移すことによって所得税を減らす」
スキームを提案することが良くあります。

 これは、個人の所得税の税率が

 課税される所得金額          |税率 |控除額
 195万円以下            | 5%|        0円
 195万円を超え〜330万円以下   |10%|   97,500円
 330万円を超え〜695万円以下   |20%|  427,500円
 695万円を超え〜900万円以下   |23%|  636,000円
 900万円を超え〜1,800万円以下 |33%|1,536,000円
 1,800万円を超え4,000万円以下|40%|2,796,000円
 4,000万円超           |45%|4,796,000円

と累進課税であるのに対して(実際にはこれに住民税10%が加算される)、法人の法人税は利益の約30%が実効税率であることから、個人で課税される所得金額が900万円を超えてくるようであれば、家族内で所得を分散したり、法人にあえて利益を残して法人税を支払った方が、税務的には外部流出が下げられます。

 資産運用の場合でも、個人で受け取る配当金やキャピタルゲインは20%の源泉分離課税ですが、法人の場合には、普通に配当金もキャピタルゲインも法人の益金(利益)として計上されますので、その後に経費を計上することが可能です。

 個人では配当、売却益のどちらに関しても確定的であるのに対して、法人であれば、経費控除前の利益となるので、その後PLの中で経費化を考える余地があるわけです。


 一方で、利益に関しては法人は約30%課税されますので、利益体質の強い法人ではこのスキームは税務的にはあまり有効に機能しません。

 したがって、有価証券の運用に関しては、個人が良いのか法人が良いのかはケースバイケースで考えることになります。


 このようにスキームを変化させることで、税務を工夫することで資産運用のようにリスク(標準偏差)を取ることなく、ゼロリスクでリターンを上げることが可能となります。


 今回の相場で、下がった金融資産は、個人から法人に資産移転をするチャンスでもあります。


 ぜひ、コロナで自宅待機も増える中で、一度税務的なスキームの見直しも検討されてみてはいかがでしょうか?


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


小屋です。

 先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンラインコンテンツを作成しました。

 今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで55,000円で提供しています。

 これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっております。

 もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

 税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
 金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
 節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
 1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
 2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
 3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


 当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけでなく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、またはわからない点を後から学習することができます。

 適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウハウを全公開しています。

 ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていただきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
 会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


【小屋洋一プロフィール】

 株式会社マネーライフプランニング代表。
 慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
 卒業後リース会社に就職。

 2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産投資実務についても研究。

 2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした株式会社マネーライフプランニングを設立。

 現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
 投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

 CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
 一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
 首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


【こんな方にお勧めします!】

・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
・具体的な節税方法について知りたい方
・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
・効果の高い保険商品を知りたい方
・どのように運用をすべきか知りたい方
・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


【講座概要】

 講義時間数:9.5時間。
 節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

 個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
(リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

 面談内容:
 【1回目】ヒアリング
 【2回目】分析結果提示
 【3回目】対応策の提示

 面談時間:各1時間〜2時間を予定しております。

 アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属のファイナンシャルプランナーになります。
 なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

 面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用いただけます。


株式会社マネーライフプランニング
小屋 洋一

banner02s.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:資産運用



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:経済全般




億の近道2020/04/01


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                   2020/04/01

             イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】

 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
          (本日の担当:小屋洋一)


  ◆コラム「リスク(標準偏差)を上げずにリターンをあげる方法」


===================================


■ お知らせ ■


■第53号配信中!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 個人投資家向け高品質企業レポート、成長株投資の
 山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第53号レポート配信中!!】


 今週は、国内海外とも有数のシェアを持つ地方発技術系グローバル企業を分
析。社内横断チームで顧客の要求に迅速に応える社風で、中長期の成長が期待
できます。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


■バックナンバー公開中!

 以前よりご要望の多かったバックナンバーがお読みいただけるようになりま
した!
 順次追加中! ぜひご覧下さい。
 アニコム(8715)、ピーバンドットコム(3559)、手間いらず(2
477)の3銘柄は無料で全てお読みいただけます。

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「リスク(標準偏差)を上げずにリターンをあげる方法」


 コロナ対応が収まりを見せない中で、皆様どのように資産運用と向き合って
おられるでしょうか。

 前回、前々回とマーケットの悪い中で投資家としてどのように振舞うべきか
という所を書いてきましたので、今回は別の話。


 最近、お客様の相談に乗っている中でよく検討する手法の一つに、
「法人を設立して、個人所得の一部を法人の売上に移すことによって所得税を
減らす」
スキームを提案することが良くあります。

 これは、個人の所得税の税率が

 課税される所得金額          |税率 |控除額
 195万円以下            | 5%|        0円
 195万円を超え〜330万円以下   |10%|   97,500円
 330万円を超え〜695万円以下   |20%|  427,500円
 695万円を超え〜900万円以下   |23%|  636,000円
 900万円を超え〜1,800万円以下 |33%|1,536,000円
 1,800万円を超え4,000万円以下|40%|2,796,000円
 4,000万円超           |45%|4,796,000円

と累進課税であるのに対して(実際にはこれに住民税10%が加算される)、
法人の法人税は利益の約30%が実効税率であることから、個人で課税される
所得金額が900万円を超えてくるようであれば、家族内で所得を分散したり、
法人にあえて利益を残して法人税を支払った方が、税務的には外部流出が下げ
られます。

 資産運用の場合でも、個人で受け取る配当金やキャピタルゲインは20%の
源泉分離課税ですが、法人の場合には、普通に配当金もキャピタルゲインも法
人の益金(利益)として計上されますので、その後に経費を計上することが可
能です。

 個人では配当、売却益のどちらに関しても確定的であるのに対して、法人で
あれば、経費控除前の利益となるので、その後PLの中で経費化を考える余地
があるわけです。


 一方で、利益に関しては法人は約30%課税されますので、利益体質の強い
法人ではこのスキームは税務的にはあまり有効に機能しません。

 したがって、有価証券の運用に関しては、個人が良いのか法人が良いのかは
ケースバイケースで考えることになります。


 このようにスキームを変化させることで、税務を工夫することで資産運用の
ようにリスク(標準偏差)を取ることなく、ゼロリスクでリターンを上げるこ
とが可能となります。


 今回の相場で、下がった金融資産は、個人から法人に資産移転をするチャン
スでもあります。


 ぜひ、コロナで自宅待機も増える中で、一度税務的なスキームの見直しも検
討されてみてはいかがでしょうか?


株式会社マネーライフプランニング
代表取締役 小屋 洋一


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


無料で資産運用の相談をしてみたい方はコチラ

https://03auto.biz/clk/archives/ahwxrr.html


■小屋洋一の資産運用メール講座■
 資産運用についてメール講座で学びませんか?
 これまで300人以上にアドバイスしてきた資産運用のプロ、小屋洋一が、
 資産運用で成功する人と失敗する人の違いをお教えします。

詳しくは http://mlplanning.co.jp/mail/



■【告知】メルマガ読者のみなさまへ■


小屋です。

 先日個人事業主やビジネスオーナーをイメージして下記のようなオンライン
コンテンツを作成しました。

 今回は、動画で学ぶと同時に、弊社のコンサルティングもセットで
55,000円で提供しています。

 これは、弊社の普段のメニューと同じ値段で大変お得な商品になっておりま
す。

 もしも、自営業者やビジネスオーナーで資産運用をご検討の方がいらっしゃ
ればこのコンテンツをお求めいただければと思います。


●ビジネスオーナーのための『お金の強化書』

https://tlp.edulio.com/coovii/cart/detail/2041

 税理士が教えてくれない個人・法人両面からの資産運用プラン
 金融商品の販売を行わないからこその中立的なアドバイス
 節税から運用まで、みなさんの疑問にお応えします!

【ビジネスオーナーのためのお金の強化書で得られること】
 1.屈指の独立系FPから個別アドバイスを得られる!
 2.法人・個人を活用した節税方法がわかる!
 3.時間をかけずに資産運用のポートフォリオを構築できる!


 当コンテンツでは、屈指の独立系FP小屋洋一からの個別アドバイスだけで
なく、9.5時間のeラーニング教材が付属していることで、事前に、または
わからない点を後から学習することができます。

 適切な節税方法から、世界の富裕層が実践している資産運用方法まで、ノウ
ハウを全公開しています。

 ご自身の数字、考え方を棚卸し、未来に向けた戦略を構築するチャンスです。
法人、個人の主体を活用しながら、個人だけでなく家庭についても考えていた
だきながら、ライフプランをマネープランに落とし込んでいく作業です。
 会社と同様、一度立ち止まり、戦略戦術を一緒に設計していきませんか?


【小屋洋一プロフィール】

 株式会社マネーライフプランニング代表。
 慶應義塾大学経済学部でファイナンスを学び、
 卒業後リース会社に就職。

 2004年から不動産ベンチャー企業にて営業、企画を担当しながら不動産
投資実務についても研究。

 2008年個人のファイナンシャルリテラシーの向上をミッションとした
株式会社マネーライフプランニングを設立。

 現在は個人資産家層を中心にコンサルティング業務を行う。
 投資勉強会やFP向け教育の講師など、活動の範囲は幅広い。

『35歳貯金ゼロなら親のスネをかじりなさい』をはじめ著書も多く、
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」、
NHK「NEWS WEB」などテレビにも多数出演。

 CFPR(公認ファイナンシャルプランナー)、
 一級ファイナンシャル・プランニング技能士、
 首都圏ファイナンシャル・プランニング技能士会理事。


【こんな方にお勧めします!】

・ビジネスオーナー(持ち株比率70%以上など)の方
・年収2000万円以上稼いでいるスペシャリストの方
・具体的な節税方法について知りたい方
・ご自身の法人の出口戦略を考えたい方
・効果の高い保険商品を知りたい方
・どのように運用をすべきか知りたい方
・税理士など専門家の活用方法を知りたい方


【講座概要】

 講義時間数:9.5時間。
 節税方法から資産運用まで、考え方・ノウハウを大公開!

 個別面談:リアルまたはオンラインで3回実施
(リアル面談は東京都中央区銀座の講師オフィスとなります)

 面談内容:
 【1回目】ヒアリング
 【2回目】分析結果提示
 【3回目】対応策の提示

 面談時間:各1時間〜2時間を予定しております。

 アドバイザー:小屋洋一、または(株)マネーライフプランニング所属の
 ファイナンシャルプランナーになります。
 なお、全個別アドバイスの内容は小屋洋一が監修いたします。

 面談時期:別途調整いたしますが、コンテンツ視聴前、視聴後問わず活用
 いただけます。


株式会社マネーライフプランニング
小屋 洋一


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第286号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第286号
が好評配信中です。


【株価の位置チェックを含む17銘柄の個別情報を掲載!】


【3/30 第286号では】

 ■炎の相場の視点〜リバウンド後の株式相場は2番底を探る展開か〜
 ■個別株動向(13銘柄)
 ■銘柄トピックス(4銘柄)


 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


◆新刊情報◆

[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742

===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://www.iforum.jp/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。


==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:経済全般



JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:資産運用




人間経済科学と賢人たちの教え その1




産業新潮 
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
4月号連載記事


■その1 経済学ルネサンス・人間経済科学登場

●役に立つ経済学とは


 経済学が経済やビジネスの実践で役に立たない机上の空論であるという話はよく聞く。欧米では「経済学がどれほど役に立たない学問なのか」ということは、むかしから繰り返しジョークのタネにされているほどだ。
 実際、私が大学を卒業してから35年あまり、金融市場を中心に経済・ビジネスと向き合ってきた中でも経済学(いわゆるマルクス経済学、近代経済学)が何かの役に立ったという記憶はほとんど無い。
 なぜ経済学が役に立たないのか?
 それは、現在主流の経済学が「唯物論」に傾斜し、「生身の人間」のことを忘れ去っているからである。

 現在の欧州からは想像できないが、中世暗黒時代はカルト的なカトリック教会が支配する、現代で言えば北朝鮮に匹敵するおぞましい時期であった。人間の創造性・探求心は封じ込められ、神の代理人を称するカトリック教会の教えに少しでも反すれば、拷問師という教会が雇ったプロフェッショナルのむごい拷問を受け、そのうえ生きたまま火に焼かれたり八つ裂きにされたりしたのである。
 アダム・スミスが1776年に「国富論」を著し、合理的かつ科学的に「経済」を学問として捉えることに成功したときでさえ、欧州ではまだ魔女狩りが行われていて、「国富論」や「道徳感情論」の中には、カトリック教会に対して(異端審問でつるし上げられないように)かなり気を使った文章が散見される。

 したがって、アダム・スミス没後の経済学において「神の呪縛から逃れるための唯物論」が発達したのはある意味自然であったかもしれない(念のため、アダム・スミスは道徳哲学の教授であり、唯物論とは対極の「人間中心の経済」を研究していた)。


●経済学ルネサンス

 古代ギリシャ・ローマが偉大な繁栄を遂げていたということに異論はないであろう。しかし、テオドシウス1世によって392年にキリスト教がローマ国教とされて以来、おおよそ10世紀(1000年)の間のキリスト(カトリック)教会支配のもと、西ヨーロッパ圏では素晴らしい古代ギリシャ・ローマ文化の破壊が行われたということは、大多数の研究者が認める事実である(古代ギリシャ・ローマの英知はイスラム圏で継承され、後に逆輸入された)。

 したがって14世紀にイタリアで始まったルネサンスが無ければ、いまだに欧州は恐怖と暴力で支配される暗黒大陸であったはずだ。神(キリスト教)による非人間的支配から解き放たれ、「人間性」に満ち溢れていた古代ギリシャ・ローマ時代の文化が「復興」されたのである。

 ところが不幸なことに、経済学の分野では、人間性にあふれたアダム・スミスの研究が唯物論という(神とは別の)「非人間的」要素によってその偉大な成果が破壊される時代が長く続いだ。

 そこで、私と有地浩(大蔵省(財務省)・国際金融公社(世界銀行グループ)OB)は、「人間性に満ち溢れた経済学」を復興すべく、2018年4月に「人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)を設立した。


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
4月号をご参照ください。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:ttp://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。)



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:ビジネス



JUGEMテーマ:経済全般




有料メルマガライブラリから(331)好業績株価下落銘柄の中から、ポートフォリオを固めていきたい

4b6aa9d4ed9eb2999828f96cc5ef96ae_s.jpg



 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致しないことを予めご了承下さい。


=コラム「好業績株価下落銘柄の中から、ポートフォリオを固めていきたい」=
 (有料メルマガ第354回・2015/11/3配信号)


※注 2015年11月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 株式投資を行うならば、投資した企業の株が買値より高く上げて、キャピタル・ゲインをたっぷりと稼げることを期待しているのは、株式投資家としては当然のことだと思います。

 投資した株でキャピタル・ゲインを得られたら『勝ち』で、キャピタル・ロスを喰らったら『負け』。そんな基準で株式投資の勝ち負けを評価することが、常識的にも妥当だと思うし、個人投資家の多くは、このように株式投資の勝ち負けを考えていると思います。

 しかし、株式投資の勝ち負けの判定は、上記のような常識的な基準では無く、自分で決めることも一つの方法だと私は考えて実行してきました。

 投資した株すべてでキャピタル・ゲインを得るのは難しいです。特に1月から12月までの1年間という期間のなかで、全ての投資した株が買値より常に上がっているというのは、分散投資でいくつもの銘柄に投資する場合は、とても難しいと感じます。


 私は株式投資を始めたときは、全ての投資銘柄で利益を上げることを目標に
していたので、何年かかろうとも、とにかく買値より高く売ることを目標とし
ていました。

 しかし、10年も投資していて買値より10円高く売れた場合でも『勝ち』と評価することは、意味がないと思うようになってきました。確かに損はしませんでしたが効率が悪いのです。

 そこでだんだんとポートフォリオ全体で考えて、ポートフォリオの投資総額が前年より増えていれば『勝ち』と考えるようになりました。もちろん追加資金を加えた時は、その金額を調整して評価していました。


 しかしサラリーマンを辞めて、お給料という安定収入が無くなってからは勝ち負けの基準を変更しました。

 株式投資の勝ち負けの基準は自分で決めるものです。どのように決めても良いと考えるようになりました。


 機関投資家の運用成績は相対評価で決まります。値上がり率ではなく、指数に対する勝ち負けを同業他社と競争しています。自分のファンドが20%の利益を出しても、他のファンドが30%の利益を上げていれば、負けになります。逆に自分ファンドが20%のマイナスでも、他のファンドが30%のマイナスなら勝ちになります。

 プロのファンド・マネージャなどは投資総額がマイナスになって損をしていても、他の投資家よりマイナスが少なければ『勝ち』と評価するということです。

 個人投資家がこのような基準で投資の勝ち負けを判断することは、まずないと思います。絶対評価で、資産が増えていれば『勝ち』、減っていれば『負け』という評価です。


 ただしブログなどで他のブロガーが資産の増加率を公表していて、その増加率を気にしている個人投資家は多いように感じます。しかし運用資産額も、投資手法も、投資目的も、経済的な環境も投資家ごとに、それぞれ異なりますから、資産増加率だけ比較して気にする必要などないと思っています。

 特に私のように会社を早くやめたり、定年退職をして安定収入が無くなった投資家にとっては、運用資産を減らさないことが一番大事だし、1年間という期間に縛られる必要も無いわけです。


 私は、サラリーマンを辞めた後は、『1年間に使う生活費を資産運用で稼げたら勝ち』という勝敗の基準を選ぶことにしました。
 株式投資以外に賃貸不動産投資も行っていたので、その分の家賃収入と合計して自分が定めた1年間の生活費をオーバーすれば『勝ち』と評価しました。

 そのために、東日本大震災が起きた年には、前年の12月末より、株式投資総額の合計額がマイナスとなってしまいましたが、配当と家賃収入の合計で目標の生活費以上を稼いでいたので『勝ち』と評価しました。

 インカム・ゲインはキャピタル・ゲインより計算しやすいので、大勝ちできなくてもまず負けることは無いのです。

 どうしても勝ち負けにこだわる、私のような性格の投資家にはお勧めの評価基準です。もちろん投資金額が増えている方が良いに決まっています。その目標も追いかけますが、あくまでも勝ち負けの判定はインカム・ゲインを一番強く意識することになります。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 ラサ商事(3023)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは綿半ホールディングス(3199)、日本精線(5659)、日本フェンオール(6870)、東京鉄鋼(5445)、イチネンHD(9619)、中電工(1941)、福田組(1899)、日本特殊塗料(4619)などについて言及しています。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20151103


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。)





JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




億の近道2020/03/31


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
投資情報メールマガジン                  2020/03/31号

              イ意 の 近 道

         −プロが導く「億」資産への近道−   週5回発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【ご挨拶】
 将来の資産形成のために個人投資家の方にも機関投資家並以上の情報提供を
したい。また同時に、当メルマガを通じてより多くの方に自立した投資家を目
指していただきたいと考えております。各種分析やコラムを参考にして、「億」
の資産を目指し、自立した投資家への道を歩みましょう!

   ★当メルマガは等長フォントでの閲覧を前提にしております★

===================================


             −本日の目次−
        (本日の担当:石川臨太郎&大原浩)


  ◆コラム「有料メルマガライブラリから(331)」:石川臨太郎
  ◆コラム「人間経済科学と賢人たちの教え その1」:大原浩


===================================


■ お知らせ ■


■第53号本日配信!山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」


 待望の個人投資家向け高品質企業レポート、
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【第53号レポート配信中!!】


 今週は、国内海外とも有数のシェアを持つ地方発技術系グローバル企業を分
析。社内横断チームで顧客の要求に迅速に応える社風で、中長期の成長が期待
できます。

 ぜひご購読を。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8345


■バックナンバー公開中!

 以前よりご要望の多かったバックナンバーがお読みいただけるようになりま
した!
 順次追加中! ぜひご覧下さい。
 アニコム(8715)、ピーバンドットコム(3559)、手間いらず(2
477)の3銘柄は無料で全てお読みいただけます。

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


===================================


◆コラム「有料メルマガライブラリから(331)」


 有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」の過去配信ライ
ブラリ「銘柄研究」「コラム」のうち、コラムの一部を掲載いたします。
 自立した投資家、石川臨太郎のコンテンツをお楽しみ下さい。
 なお、内容は執筆当時の背景に基づいており、現在の状況と必ずしも一致し
ないことを予めご了承下さい。


=コラム「好業績株価下落銘柄の中から、ポートフォリオを固めていきたい」=
 (有料メルマガ第354回・2015/11/3配信号)

※注 2015年11月現在の内容ですので留意下さい。


【前略】


 株式投資を行うならば、投資した企業の株が買値より高く上げて、キャピタ
ル・ゲインをたっぷりと稼げることを期待しているのは、株式投資家としては
当然のことだと思います。

 投資した株でキャピタル・ゲインを得られたら『勝ち』で、キャピタル・ロ
スを喰らったら『負け』。そんな基準で株式投資の勝ち負けを評価することが、
常識的にも妥当だと思うし、個人投資家の多くは、このように株式投資の勝ち
負けを考えていると思います。

 しかし、株式投資の勝ち負けの判定は、上記のような常識的な基準では無く、
自分で決めることも一つの方法だと私は考えて実行してきました。

 投資した株すべてでキャピタル・ゲインを得るのは難しいです。特に1月か
ら12月までの1年間という期間のなかで、全ての投資した株が買値より常に
上がっているというのは、分散投資でいくつもの銘柄に投資する場合は、とて
も難しいと感じます。


 私は株式投資を始めたときは、全ての投資銘柄で利益を上げることを目標に
していたので、何年かかろうとも、とにかく買値より高く売ることを目標とし
ていました。

 しかし、10年も投資していて買値より10円高く売れた場合でも『勝ち』
と評価することは、意味がないと思うようになってきました。確かに損はしま
せんでしたが効率が悪いのです。

 そこでだんだんとポートフォリオ全体で考えて、ポートフォリオの投資総額
が前年より増えていれば『勝ち』と考えるようになりました。もちろん追加資
金を加えた時は、その金額を調整して評価していました。


 しかしサラリーマンを辞めて、お給料という安定収入が無くなってからは勝
ち負けの基準を変更しました。

 株式投資の勝ち負けの基準は自分で決めるものです。どのように決めても良
いと考えるようになりました。


 機関投資家の運用成績は相対評価で決まります。値上がり率ではなく、指数
に対する勝ち負けを同業他社と競争しています。自分のファンドが20%の利
益を出しても、他のファンドが30%の利益を上げていれば、負けになります。
逆に自分ファンドが20%のマイナスでも、他のファンドが30%のマイナス
なら勝ちになります。

 プロのファンド・マネージャなどは投資総額がマイナスになって損をしてい
ても、他の投資家よりマイナスが少なければ『勝ち』と評価するということで
す。

 個人投資家がこのような基準で投資の勝ち負けを判断することは、まずない
と思います。絶対評価で、資産が増えていれば『勝ち』、減っていれば『負け』
という評価です。


 ただしブログなどで他のブロガーが資産の増加率を公表していて、その増加
率を気にしている個人投資家は多いように感じます。しかし運用資産額も、投
資手法も、投資目的も、経済的な環境も投資家ごとに、それぞれ異なりますか
ら、資産増加率だけ比較して気にする必要などないと思っています。

 特に私のように会社を早くやめたり、定年退職をして安定収入が無くなった
投資家にとっては、運用資産を減らさないことが一番大事だし、1年間という
期間に縛られる必要も無いわけです。


 私は、サラリーマンを辞めた後は、『1年間に使う生活費を資産運用で稼げ
たら勝ち』という勝敗の基準を選ぶことにしました。
 株式投資以外に賃貸不動産投資も行っていたので、その分の家賃収入と合計
して自分が定めた1年間の生活費をオーバーすれば『勝ち』と評価しました。

 そのために、東日本大震災が起きた年には、前年の12月末より、株式投資
総額の合計額がマイナスとなってしまいましたが、配当と家賃収入の合計で目
標の生活費以上を稼いでいたので『勝ち』と評価しました。

 インカム・ゲインはキャピタル・ゲインより計算しやすいので、大勝ちでき
なくてもまず負けることは無いのです。

 どうしても勝ち負けにこだわる、私のような性格の投資家にはお勧めの評価
基準です。もちろん投資金額が増えている方が良いに決まっています。その目
標も追いかけますが、あくまでも勝ち負けの判定はインカム・ゲインを一番強
く意識することになります。


【後略】


経済的独立ワクワク!サポーター 石川臨太郎


■□この有料メルマガの全文が読めます!
 ラサ商事(3023)研究銘柄レポート+コラムの構成です。
 コラムでは綿半ホールディングス(3199)、日本精線(5659)、
 日本フェンオール(6870)、東京鉄鋼(5445)、イチネンHD(9
 619)、中電工(1941)、福田組(1899)、日本特殊塗料(46
 19)などについて言及しています。
  以下のリンクからどうぞ。(一部無料で読めます)

  こちらから ⇒ http://bit.ly/rin20151103


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
ては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者
の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、
当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が
変化している可能性があります。)


===================================


■ お知らせ ■


【石川臨太郎】著者人生最後の新刊好評発売中!


 生涯投資家であり続けた故石川臨太郎氏の、投資人生の集大成とも言える
最後の書籍が、以下の通り好評発売中です。


[現代の錬金術シリーズ153]
 資産を作るための株式投資 資産を遺すための株式投資
  〜余命宣告を受けた「バリュー投資家」の人生最後の教え〜
 石川臨太郎 著、パンローリング刊
 価格2,800円+税

 パンローリングの直販サイトで購入が可能です。(即日発送・送料無料)
 詳細はこちら ⇒  http://bit.ly/rin_newbook
 (パンローリングの直販サイトへ飛びます)

 Amazonでも購入出来ます。
 詳細はこちら ⇒  https://amzn.to/2Y4GqsJ
 (Amazonのサイトへ飛びます)


 石川臨太郎氏最後の書籍、ぜひお手にとって下さい。
 レビューの投稿もお願い致します!!


◆村田雅志氏による石川臨太郎有料メルマガ研究コンテンツ◆

「"生涯パートナー銘柄の研究"の研究」が、各号ごとに購入いただけるように
なりました!
 全12号公開中です。

[第1号] http://bit.ly/ishiken01
[第2号] http://bit.ly/ishiken02
[第3号] http://bit.ly/ishiken03
[第4号] http://bit.ly/ishiken04
[第5号] http://bit.ly/ishiken05
[第6号] http://bit.ly/ishiken06
[第7号] http://bit.ly/ishiken07
[第8号] http://bit.ly/ishiken08
[第9号] http://bit.ly/ishiken09
[第10号] http://bit.ly/ishiken10
[第11号] http://bit.ly/ishiken11
[第12号] http://bit.ly/ishiken12


 内容を一部閲覧出来ますので、ぜひご利用下さい。

詳細はこちら ⇒ http://okuchika.net/?eid=8742



===================================


◆コラム「人間経済科学と賢人たちの教え その1」


産業新潮 
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
4月号連載記事


■その1 経済学ルネサンス・人間経済科学登場

●役に立つ経済学とは

 経済学が経済やビジネスの実践で役に立たない机上の空論であるという話は
よく聞く。欧米では「経済学がどれほど役に立たない学問なのか」ということ
は、むかしから繰り返しジョークのタネにされているほどだ。
 実際、私が大学を卒業してから35年あまり、金融市場を中心に経済・ビジ
ネスと向き合ってきた中でも経済学(いわゆるマルクス経済学、近代経済学)
が何かの役に立ったという記憶はほとんど無い。
 なぜ経済学が役に立たないのか?
 それは、現在主流の経済学が「唯物論」に傾斜し、「生身の人間」のことを
忘れ去っているからである。

 現在の欧州からは想像できないが、中世暗黒時代はカルト的なカトリック教
会が支配する、現代で言えば北朝鮮に匹敵するおぞましい時期であった。人間
の創造性・探求心は封じ込められ、神の代理人を称するカトリック教会の教え
に少しでも反すれば、拷問師という教会が雇ったプロフェッショナルのむごい
拷問を受け、そのうえ生きたまま火に焼かれたり八つ裂きにされたりしたので
ある。
 アダム・スミスが1776年に「国富論」を著し、合理的かつ科学的に「経
済」を学問として捉えることに成功したときでさえ、欧州ではまだ魔女狩りが
行われていて、「国富論」や「道徳感情論」の中には、カトリック教会に対し
て(異端審問でつるし上げられないように)かなり気を使った文章が散見され
る。

 したがって、アダム・スミス没後の経済学において「神の呪縛から逃れるた
めの唯物論」が発達したのはある意味自然であったかもしれない(念のため、
アダム・スミスは道徳哲学の教授であり、唯物論とは対極の「人間中心の経済」
を研究していた)。


●経済学ルネサンス

 古代ギリシャ・ローマが偉大な繁栄を遂げていたということに異論はないで
あろう。しかし、テオドシウス1世によって392年にキリスト教がローマ国
教とされて以来、おおよそ10世紀(1000年)の間のキリスト(カトリッ
ク)教会支配のもと、西ヨーロッパ圏では素晴らしい古代ギリシャ・ローマ文
化の破壊が行われたということは、大多数の研究者が認める事実である(古代
ギリシャ・ローマの英知はイスラム圏で継承され、後に逆輸入された)。

 したがって14世紀にイタリアで始まったルネサンスが無ければ、いまだに
欧州は恐怖と暴力で支配される暗黒大陸であったはずだ。神(キリスト教)に
よる非人間的支配から解き放たれ、「人間性」に満ち溢れていた古代ギリシャ
・ローマ時代の文化が「復興」されたのである。

 ところが不幸なことに、経済学の分野では、人間性にあふれたアダム・スミ
スの研究が唯物論という(神とは別の)「非人間的」要素によってその偉大な
成果が破壊される時代が長く続いだ。

 そこで、私と有地浩(大蔵省(財務省)・国際金融公社(世界銀行グループ)
OB)は、「人間性に満ち溢れた経済学」を復興すべく、2018年4月に
「人間経済科学研究所(https://j-kk.org/)を設立した。


続きは「産業新潮」
http://sangyoshincho.world.coocan.jp/
4月号をご参照ください。


(大原 浩)


★2018年4月に大蔵省(財務省)OBの有地浩氏と「人間経済科学研究所」
(JKK)を設立しました。HPは<https://j-kk.org/>です。
★夕刊フジにて「バフェットの次を行く投資術」が連載されています。
(毎週木曜日連載)


【大原浩の書籍】

★バフェット流で読み解くGINZAX30社2019年度版<上巻+下巻>
(昇龍社・アマゾンキンドル版)が発刊されました。
 上巻:https://amzn.to/2ztqB3m
 下巻:https://amzn.to/2L7olUf

★「バフェット38の教え・応用編」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 https://amzn.to/2Lxd8sJ

★「バフェット38の教え」(昇龍社、アマゾンキンドル版)
 http://amzn.to/2f7AZkD

★終身雇用の実力主義―バフェットとポーターに学ぶナンバーワン企業戦略―
 アマゾン・キンドル版
 https://amzn.to/2GdMYx2

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2018年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)が発刊されました。
 上巻:http://amzn.to/2wtdH3m
 下巻:http://amzn.to/2wjJTFE

★バフェット流で読み解くGINZAX30社(2017年度版、上巻、下巻)
 <発行:昇龍社>(アマゾン・キンドル版)
 上巻:http://amzn.to/2clE4yw
 下巻:http://amzn.to/2clFbxZ

★バフェット流で読み解く、GINZAX30社<特選・優良企業>
 昇龍社、アマゾン・キンドル版<上・下巻>2016年度版
 http://goo.gl/3icB5G
 http://goo.gl/ltVLIs

★『投資の神様』(バフェット流投資で、勝ち組投資家になる)<総合法令>
  http://goo.gl/MKtnf6

★「客家大富豪の教え」18の金言」に学ぶ、真の幸せをつかむ方法
 著者:甘粕正 <アマゾンキンドル版>
 http://goo.gl/rKIvhB

★「賢人バフェットに学ぶ・投資と経営の成功法則」
 昇龍社(アマゾン・キンドル版)
 http://goo.gl/UMxBYs

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2014)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/Blo6KT

★「バフェットからの手紙」に学ぶ(2013)大原浩著 昇龍社<Kindle版>
 http://goo.gl/iz1GUV


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関し
 ては御自身の責任と判断で願います。)


===================================


■ お知らせ ■


【炎のファンドマネージャー有料メルマガ第286号、配信中!!
 ご購読をお待ちしております!】


 「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」第286号
が好評配信中です。


【株価の位置チェックを含む17銘柄の個別情報を掲載!】


【3/30 第286号では】

 ■炎の相場の視点〜リバウンド後の株式相場は2番底を探る展開か〜
 ■個別株動向(13銘柄)
 ■銘柄トピックス(4銘柄)

 → ご案内ページ http://www.honohfm.com/


===================================


 「億の近道」のwebはバックナンバー閲覧を重点に置いた、ブログ風の作
りになっております。現在、2005年1月分まで掲載しておりますが、順次
過去分を追加していく予定です。まとめ読みなどに是非ご利用下さい。

 http://okuchika.net/


===================================


当メルマガは以下のシステムを利用して発行しております。
 ◆まぐまぐ ID:0000020640
       購読解除:http://www.mag2.com/m/0000020640.html

編集者:億の近道発行プロジェクト
発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム
 email:okuchika.mail@gmail.com
 http://okuchika.net/
このメールマガジンの無断転載・引用を禁じます。

==================================



JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」【3/31第53号レポート配信! 顧客の要望に寄り添って成長を目指す企業を分析!】




 個人投資家向け高品質企業レポートを好評配信中!
 題して山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」。


【3/31第53号レポート配信! 顧客の要望に寄り添って成長を目指す企業を分析!】

  
 今週は、国内海外とも有数のシェアを持つ地方発技術系グローバル企業を分析。
社内横断チームで顧客の要求に迅速に応える社風で、中長期の成長が期待できます。

 ぜひご購読を。




 グロースとは成長株のこと。
 山本潤氏率いる「株の学校」で、山本氏をはじめとする講師陣の薫陶を受けた精鋭アナリスト達が、成長株にフォーカス。銘柄を発掘し、その内容を詳細にレポートします。
 毎週火曜日配信、1回に1銘柄の深掘りレポートです。
 毎回山本潤氏の監修コメントも入り、中長期のファンダメンタルズ投資家には最適な内容です。


1)仕事が忙しいので投資したら放っておける銘柄を知りたい
2)投資銘柄を調べたいが方法が分からない
3)どこにもない切り口の投資レポートを読みたい
4)成長株投資をしたい
5)投資候補銘柄を調べる時間がない
6)様々な投資情報サービスを試したが、今ひとつと感じている
7)短期投資でなかなか成果が上がらない
8)毎日相場を見ているのに疲れてしまった
9)ファンダメンタルズ投資の神髄に触れたい

などお考えの投資家にぜひご利用いただきたいサービスです。




【山本潤氏からメッセージ】

『NPO法人イノベーターズ・フォーラムのご協力により、客員アナリストたちのレポートの有料メルマガがスタートします。

機関投資家が短期売買志向となったためか、長期の企業業績予想が極端に少ないのです。グロース銘柄発掘隊は長期の業績の予想をベースにリスクプレミアムの設定やバリエーションを行います。理論株価はあくまで一定の前提に立つ上での参考に過ぎませんが、日本では珍しい長期業績の考え方を提供するレポートを目指します。

また、バリュー投資やグロース投資といったスタンスの違いが証券会社のレポートには見受けられませんが、グロース銘柄発掘隊は、長期グロース銘柄に特化したレポートを執筆いたします。グロースなのかバリューなのかはっきりしない証券会社のレポートをグロース目線で補う存在を目指します。

最後に、四半期業績の細かいコストの説明に終始する味気ないレポートではなく、取材に基づく骨太のレポートを目指します。
短期的な業績のブレに一喜一憂することなく、企業を長期の目線で応援していくことを目指します。

長期の業績の考え方やリスクを共に考えていく存在を目指します。

グロース銘柄発掘隊の小月隊長は東京2期生です。
彼の指揮下、隊員たちは、週に一本のフルレポートをディープに発表します。
どれも個性あふれるレポートです。
投資家のみなさまにおかれましては、ぜひ、グロース銘柄発掘隊の客員アナリストたちへのご支援をよろしくお願い申し上げます。』

そのほか、山本節が読める全文はこちら ⇒ https://goo.gl/rAjKKg


まずは以下のリンクから、バックナンバーをご覧下さい。

アニコム(8715)、ピーバンドットコム(3559)、手間いらず(2477)のレポート3銘柄は無料で全てお読みいただけます。
 レポートの最後にお申し込みリンクがございます。


山本潤監修「グロース銘柄発掘隊」

毎週火曜日配信(祝日の場合は翌平日に配信)
購読料:1ヶ月10,000円+税

 バックナンバーはこちら ⇒ https://note.com/okuchika/m/m647eb0613650


発行者:NPO法人イノベーターズ・フォーラム


JUGEMテーマ:株・投資




どれも似たり寄ったり




 3月13日から23日にかけ全体相場のクラッシュを横目に個別銘柄も急落を演じるに至ったが、そこには現金化を急ぐ投資家の事情があったものと推察される。

 日経平均に連動する主力銘柄は高値から25%から30%程度の値下がりで済んだ銘柄もあるが、中小型銘柄の多くは直近の高値から30%から50%という下落を見せた銘柄が多く、どれも似たような下落率を示していたのが印象的だった。
 この売りの嵐が一巡すると武漢ウイルスによる感染者の増加が伝えられても今度はその後の経済対策実施というポジティブな面を評価してのリバウンドを狙う動きが活発化し、日経平均に連動する主力銘柄では半値戻りを演じていたが、多くの中小型銘柄は3分の1戻りまでがせいぜいでその水準をクリアすると戻り売りに押される展開が見られる。つまりここでは個別銘柄の内容よりは単純に株価の下落率、戻りなどを想定した株価の変動が見出せる。

 どれも似たり寄ったりなのでそれぞれに関心のある銘柄を事前にピックアップして取り組むスタンスで安値圏での時間分散投資とその後のリバンド相場での戻り売りスタンスを実行するに越したことはない。


 ここでの投資シナリオは3月末を意識した全体相場の戻りと、個別株での10%から20%のリバウンド狙いがポイントとなっただろう。どの銘柄も似たり寄ったりとは言えるが、リバウンドする力は銘柄ごとに異なっている。
 ボトムから30%も反転上昇する銘柄もあれば10%がやっとこさという銘柄もある。


 そしてここでは深追いは禁物。
 戻り相場の後には2番底形成の動きも念頭に入れておく必要がある。

 2番底形成なら良いが底割れの恐怖も残る。
 何しろ前代未聞の恐慌相場の中にいると考えられるから、そのことだけは絶えず肝に銘じておきたい。


 参考までに先週までの指数の動きと個別主力銘柄の株価の動きをまとめてみたのでご参照願いたい。


【指数動向】


 日経平均、TOPIXとも3月19日、17日の安値から3分の1戻りを達成!!
 また日銀ETF買いコストの19500円もクリア。
 TOPIXは先週末高値引け。次は2分の1戻り目指すか?


1.日経平均
 先週末終値19389.43円
 3月25日高値19564.38(安値比+19.6%)
 半値戻り20237円 3分の1戻り18944円
 高値24115.95円(1.17)
 ⇒安値16358.19(3.19)値下がり率▲32.2%


2.TOPIX
 先週末終値(高値)1459.49(安値比+21.7%)
 半値戻り1472.6 3分の1戻り1381.4
 高値1745.95(1.20)
 ⇒安値1199.25(3.17)値下がり率▲31.3%


3.NYダウ
 先週高値22595.06ドル(安値比+19.4%)
 ⇒週末終値21636.78ドル
 出来高を伴って急落後に急反発。2兆ドル規模の経済対策に期待
 3分の1戻り達成後に反落
 2分の1戻り24243ドル 3分の1戻り22467.8ドル
 高値29568.57ドル(2.12)
 ⇒安値18917.46ドル(3.18)値下がり率▲36.0%


4.ソフトバンクG(9984)
 2月高値5871円⇒3.19安値2609円 ▲55.6%
 戻り高値4242円(安値比+62.6%)半値戻り4240円をクリア!
 4.5兆円の株式売却資金で自己株買い実施。時価3887円。


5.ファーストR(9983)
 2月高値61180円⇒3.19安値39910円 ▲34.8%
 戻り高値50630円(安値比+26.9%)
 半値戻り50545円達成後反落
 時価44430円。


6.ソニー(6758)
 1月高値8113円⇒3.13安値5297円 ▲34.7%
 戻り高値6688円(安値比+26.3%)
 半値戻り6705円達成まであと一歩まで接近。
 時価6688円。


7.トヨタ(7203)
 2月高値8026円⇒3.13安値5771円 ▲28.1%
 戻り高値7029円(安値比+21.8%)
 半値戻り6898円クリア!!
 時価7029円


8.三菱UFJ(8306)
 12月高値603円⇒3.23安値380円  ▲37.0%
 戻り高値450円(安値比+18.4%)
 3分の1戻り454円、半値戻り491.5円
 時価450円


9.NTT(9432)
 2月高値2908円⇒3.13安値2153円 ▲26.0%
 戻り高値2700円(安値比+25.4%)半値戻り2530円を達成
 トヨタとの資本提携発表し株価上昇
 時価2700円


10.島津(7701)
 12月高値3505円⇒3.13安値2148円 ▲38.7%
 戻り高値2950円(安値比+37.3%)半値戻り2826円をクリア。
 CT装置の大手。短時間で検査可能な検査キット開発。
 時価2927円。


11.富士フィルム(4901)
 1月高値5857円⇒3.13安値4152円 ▲29.1%
 戻り高値5238円(安値比+26.2%)
 先週末終値5020円(安値比+20.9%)
 アビガンの評価次第


12.テノックス(1905)
 2月高値1026円⇒3.23安値 642円 ▲37.4%
 戻り高値766円(安値比+19.3%)
 3分の1戻り770円まであと一歩、半値戻り834円
 本日配当落ち。先週末750円。自己株買いの余地大。


13.日創プロニティ(3440)
 1月高値830円⇒3.13安値 477円 ▲42.5%
 戻り高値557円(安値比+16.8%)
 3分の1戻り595円、半値戻り653円
 割安感はあるが戻り売りの圧力高いのか先週末は525円の安値引け。
 3分の1戻り目指すなら再度買いチャンス。


14.アクセル(6730)
 1月高値1110円⇒3.23安値445円 ▲59.9%
 戻り高値660円(安値比+48.3%)
 3分の1戻り666円 半値戻り777円
 今3月期業績の上方修正発表後に株価急騰。3分の1戻り目前。
 時価650円。


15.ズーム(6694)
 1月高値1428円⇒3.17安値785円 ▲45.0%
 戻り高値1280円(安値比+63.1%)
 3分の1戻り999円 半値戻り1106円
 半値戻り達成!!
 自己株5.1万株買い、上限金額換算で1株1500円を発表して株価の上昇に拍車。
 5月22日までの買い付けを予定。


16.ミクシィ(2121)
 1月高値2077円(2017年高値7300円)
 ⇒3.19安値1340円 ▲35.5%
 戻り高値1819円(安値比+35.7%)
 今3月期業績を上方修正しリバウンドの動き。
 戻り高値からはまた押し目形成したが基調は強い。
 時価1646円
 巣ごもり族に訴求!!モンスト人気が復活!


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




自己株買い歓迎




 結果論かも知れないが日経平均が1万6000円台まで突っ込んできた際は投資のチャンスだと見た投資家も多いと思うが、これは何も個人や機関投資家、外国人投資家に限ったことではなく、株式の発行体である企業にも言えることである。

 3月中旬に私はある上場企業を訪ねたのだが、その際に会社の担当者からは
「ここまで下げたら私も買いたいですよ・・。」
という話になった。
「だったら自己株買いされたらどうですか?」
と私が言うと
「検討はしているのですが、窓口の信託銀行がいやがっていますので実現していない」
との話。
 私は株価が低迷しているこうした時こそ、会社側の株価への意識を示す自己株買いが実行されるべきだと主張したのだが、その日は即聞き入れてもらうことはなかった。


 この会社は3年ほど前にIPOしたのですが、一時は公開価格を大きく上回ったこともあるのですが、その後は下落トレンドを辿り、先般公開価格の半値水準にまで下落してしまった一方で、同社が保有するキャッシュは潤沢で時価総額を大きく上回った状態となっている。市場に投げが出てどこまで下がるのか不安感がある場合はこうした企業は自己株買いで対応すべきだと考えての私からのアドバイスはその後、どういう訳か面談して1週間後ぐらいに会社から自己株買いを実施する旨でリリースとして出てきた。
 その結果株価は上限買取価格の水準に徐々に接近している。

 こうした事を考えると、まだまだこうした事例は今後あちこちで増えてくると考えられる。
 株価が企業価値を逸脱して低迷し既存の株主の不満が高まる前に市場内で買い付けする自己株買いを行い、株価を右肩トレンドにもっていくことが昨今の特殊な状況下では求められていると言えそうだ。

 先週は双日(2768)やアルコニックス(3036)、シンシア(7782)、長谷川香料(4958)、エン・ジャパン(4849)、高橋カーテンウォール(1994)などの自己株買いが発表された。


 業績はどうであれ余裕資金で一定の比率で自己株買いをやると低迷してきた株価は多少でも上昇の動きになることになるが、とりわけ市場での一定期間での買い付け表明は歓迎される。また上限株数で上限金額を割った平均買い付け単価が時価に比べて30%程度の高い水準であれば好感されることになり、株価にもインパクトがもたらされる。
 但し買い付け金額が通常の出来高と比べ少ないとインパクトは限られてしまう。

 短期的な株式売買にとっても歓迎されることとなる自己株買いが今後も投資家にとっては目が離せない材料となる筈だ。
 皆さんも一度こうした視点で自己株買いの発表を行った銘柄のチェックをされてみてはどうでしょうか。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:株・投資



JUGEMテーマ:社会の出来事




冷静さが求められる株式運用

286b639e326d6fdfbd9199fa3ce7f3c6_s.jpg



 武漢ウイルスによる肺炎の感染拡大で株式市場も大混乱。日経平均もNYダウも1000円幅、2000円幅1000ドル幅、2000ドル幅が当たり前のように見られる日々の変動にも多少慣れが生じる昨今となってきた。
 敢えて新型コロナウイルスとは言わずに本稿では武漢ウイルスとして発生地の名称をつけておくが、更に世界的な流行をパンデミックならぬパンダミックとも言っておきたい。パンダの国からの感染拡大だから敢えてこうした言い方が当然だろう。


 素性の知れない見えない敵との戦いは今年に入ってからと考えられるのかも知れませんが、インターネットなどで言われている話では昨年9月22日に端緒があるともされており、その真相はこれから徐々に明らかになると思われる。
 多くの投資家にとって年初までは楽観ムードに包まれていたせいもあって
2−3月の一気の株価急落にはついていけなかったという向きも多いのかも知れません。

 日経平均は期間2か月で2万4000円台から1万6000円台まで急落し、先般ようやく19500円前後まで戻ってきた。戻り相場の目途を3分の1戻りとするか半値戻りとするか投資家のスタンスで異なるが、それとともに日銀によるETF買いがこれまでの倍の金額実行されるとの発表があったことによるリバウンド相場の目標水準として、日銀のETF買いのコストが1万9500円とされたことを参考にする向きもあると思われる。
 市場関係者は今3月期末の日経平均株価にこの程度の水準を期待したと言え、一時はこの水準を上回った局面もあった。実際には明日3月末の相場次第となるが、思い切った資金投入で実力行使となる可能性もある。


 ただ、問題はその後の展開と言える。
 冷静に考えると日銀による買いは今期末を意識したものと言え、その後の展開については企業業績の落ち込みなどの現実問題が引き続き株価の足を引っ張る可能性もある。
 武漢ウイルス問題の終息が見えない中で市民生活は不要不急の外出は自粛するように言われ、それを忠実に守ることで感染を防ぐとの意識が生まれる一方で、消費の委縮で経済には様々な影響が及び上場企業にとっては財務体質などの好悪で評価に差が出てくる可能性もある。


 全体相場を代表する日経平均はソフトバンクG(9984)やファーストリテイリング(9983)などの特殊な採用銘柄にも影響を受けやすい。インデックスに影響をもたらすこれらの銘柄は業績とは無関係に変動を続けているとの印象がある。
 それが企業の存続にも影響をもたらす客観的な情勢で一気に評価を落とすことになればここはより慎重に取り組む必要がある。

 個別株にはPBRが0.5倍以下の銘柄が数多く見出せる状態となってきた。つまり解散価値の半分以下となってきたという銘柄が市場にあふれかえってきたとの印象がある。本来なら余裕のある投資家はこうした水準となっている株式を積極的に買いたいと思う筈だが、武漢ウイルスによる企業業績への影響を見極めようとする動きが大勢を占めていると推察される。
 まだ企業からの武漢ウイルスによる業績への影響について分析をし投資家に伝達する動きは限られているようにも思われる。不透明なまま期末を迎えようとしている訳で、この先も積極的な買いはいくら割安感があっても入り難いと考えられる。

 先週までは期末配当取りを目当てにコツコツ買いも入り、一定水準まで相場全体は戻ってきたとも言えるが4月後半から5月連休にかけての株式相場は武漢ウイルス次第と言えるのでまだまだ予断を許さない展開が続く。
 株式による運用はリスク分散(銘柄分散、時間分散など)を基本としながら状況に応じてキャッシュポジションを上げ下げしながら全体の資産を指数の変動以上の水準に高めていくことが重要。

 そのためにはここでの株価変動を冷静に捉える必要があるだろう。


(炎)


(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)


honoh_01.jpg


JUGEMテーマ:社会の出来事



JUGEMテーマ:株・投資




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
selected entries
mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png mag2year2016_0000020640_asset-stock_200x200.png
twitter
twetter
okuchika
購読無料! 億の近道メルマガ申込はこちらから!
億近申込バナー
まだ登録していない方はこちらからどうぞ!週5回無料で届きます。
億近執筆陣の本
億近本
億近執筆陣の書籍/DVDをご紹介。億の近道コラムのエッセンスをぜひ。
海外投資実践入門DVD

「中東・インド・ベトナム・香港 海外投資実践入門DVD」
2012/4/7に東京銀座で開催されたセミナーDVDです。他では聞けない情報満載!
石川臨太郎有料メルマガの特別研究版!
元火曜日執筆者、故石川臨太郎氏の"研究"メルマガ全12回分をイッキ読み出来ます。 著名エコノミスト村田雅志氏による分かりやすい分析が好評です。 詳細は以下のページを参照下さい。
 
categories
archives
recent comment
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 東北特殊鋼(5484)
    内燃機関関係 (01/20)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    ■ (08/19)
  • 1981年2月2日 愛知県立春日井高校:コーヒー牛乳の青春。(天国の幸宏へ捧げる)part 2
    内藤朝雄 (10/12)
  • 情熱投資家、相川伸夫が語る注目銘柄 特殊電極(3437)
    reformer21 (06/15)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ その6
    m (05/01)
  • 公立中学校という選択:区立から難関大学へ
    m (03/30)
  • アンジェスMG(4563)の相場シナリオ
    暇潰亭 (10/01)
  • 日本でトップクラスの低PER銘柄
    kkk (02/19)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    億の近道 (12/04)
  • 粘り強くつきあっていれば億の資産ができる
    せーねん (12/04)
links
mag2year2016_0000020640_asset-stock_240x65.png メルマガ大賞2008ノミネートバナー
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM